プロビジョン2年 和訳[353]

【プロビジョン2年】Lesson5/Designed to Change the World【和訳】

このページではプロビジョン・コミュニケーション英語2年/Leeson5【Designed to Change the World】の和訳を載せていますが、学校で習う表現と異なる場合がありますので、参考程度に見てください。

【PRO-VISION2】Lesson5/Designed to Change the World【和訳】

Part1

たちはよく「あのドレスは素敵なデザインだね。」とか、「このスマートフォンはかっこいいね。」と言います。

しかし、何かがうまくデザインされていると言うときに、それが誰のためにデザインされているのかを、これまでに考えたことがありますか?

例えば、デザイナーは、新車向けに洗練されたデザインを創り出すために努力しています。

先進工業国の消費者にとって、その美しい外観は重要です。

しかしながら、発展途上国の貧しい人々、人類の大多数を構成している彼らにとって、車のデザインの美しさは、彼らの生活においてそれほど重要性を持たないかもしれません。

「世界のデザイナーの95%が、世界の顧客の最も裕福な10%のためだけに向けた製品開発にすべての努力を集中させています。」

発展途上国向けに実用的な製品を作っている非営利団体の創設者、ポール・ポラックは言います。

「残り90%の人々に届くために必要なのは、デザインにおける革命に他ならない。」

彼は、製品作りに関するこの新しい考え方をこう呼んでいます。「残り90%の人々のためのデザイン」

日、一部のデザイナーたちが「残り90%の人々」に向けた製品をデザインし始めています。その人々の中には、食糧や安全な飲み水、あるいは住居といった基本的な生活必需品を日常的に得ることができない何十億の人々が含まれています。

新しいデザインは、彼らが直面している問題に直接的に取り組み、そして彼らの生活を向上させています。

Get the Pictureの和訳

①先進工業国の消費者にとって何が重要ですか?
②ほとんどの世界のデザイナーは誰のために製品を作っていますか?
③新しいデザインはどのように「残り90%の人々」を助けていますか?



Part2

界の何百万もの人々が安全な飲料水の水源から何キロも離れたところに住んでいます。

もし彼らが安全ではない水を飲むと、水が媒介するコレラや赤痢のような病気にかかるかもしれません。

だから彼らは、飲用可能な水源から水を運ぶために毎日多くの時間を費やさなければならないのです。

人々は、長い距離を頭の上にその重い荷物(水)をのせて運んでいます。そしてこのために、しばしば首や肩を痛めるのです。

何百年もの間、この重労働は主に女性や子供たちによってなされてきました。

ドラムはこの問題を解決するために作られました。

それは中央に穴のあいた丸いタンクで、転がして水を運ぶようにデザインされています。

Qドラムは水を運ぶ負担を大幅に軽減しました。

東ティモールのある家族は、Qドラムを手に入れるまでは、40リットルの水を運ぶために毎日4往復していたのです。

しかし、Qドラムを使って、彼らは今では50リットルの水を一回で運ぶことができます。だから彼らは1往復するだけでよいのです。

ドラムを使っている南アフリカのある女性はこう話します。

「水は私たちの生活そのものです。今では生活が以前より楽になりました。

私は、私の母や祖母が年老いる前でさえも腰が深く曲がり杖をついて歩いているのを見てきました。それは水を運んで過ごした日々が原因です。

小さな子供でさえもこのQドラムを使うことができます。彼らはそれで遊んでいます。

そして親たちは、家族のための他の物事に自由に取り組んでいるのです。

Get the Pictureの和訳

④人々は毎日安全な飲料水を得るために何をしなければならないのですか?
⑤Qドラムの利点は何ですか?



Part3

なさんは電気のない生活を想像できますか?

もし電気がなかったら、みなさんの生活は全く違ったものになっているでしょう。

しかしながら、世界中で20億人以上の人々が電気のない生活をしています。

彼らの多くが照明のために灯油ランプを使っています。しかし、灯油ランプは有害な煙を出し、そして仕事や勉強をするために充分な明るさを供給しません。

また、毎日の灯油代は家計の大きな負担です。

西アフリカのベナンにある村でボランティアとして働いて暮らしていたサム・ゴールドマンは、この問題を理解していました。

ある日、村で事件が起こりました。その村は電気がありませんでした。

灯油ランプで火事がおこり、彼の隣家が全焼し、12歳の男の子が大やけどをしました。

この事件が、安全で費用効率のよいランタンの開発へとゴールドマンを駆り立てたのです。

彼は、スタンフォード大学で、発展途上国の人々向けの製品をデザインすることを目的とする講座を受講しました。

この講座を通して、彼は太陽光発電による、キラン・ソーラー・ランタンと名付けたランタンを開発しました。

このランタンは、フル充電すると、最大で8時間の明かりを供給できます。そして燃料を全く必要としません。

のランタンは、世界40ヶ国以上の200万人の人々に、新しい光源を提供しました。

今では子ども達は、より良い学習環境があります。

「このランタンは、灯油ランプよりもずっと明るい。」インドのある14歳の少女は言います。

「今は以前よりも勉強に興味をもっているわ。」

別の恩恵もあります。

ランタンのおかげで人々は夜間により長い時間仕事ができるようになり、彼らの月収が増えたのです。

Get the Pictureの和訳

⑥灯油ランプの弱点は何ですか?
⑦サム・ゴールドマンはなぜ安全でコスト効率の良いランタンを開発しましたか?
⑧キラン・ソーラー・ランタンの2つの利点は何ですか?



Part4

「残り90%の人々」向けのそういう製品をデザインするには、違ったやり方が必要です。

デザイナーが、製品のデザインをより魅力的にしようとしたり、あるいは、より多くの機能を加えると、製品の価格は上がります。

裕福な人々は、そのような製品に代金を払うことが出来るし、払っても構わないと思います。

しかしながら、世界の26億人の人々は一日2ドル未満で暮らしており、生活必需品に使えるのは、ほんのわずかなお金だけです。

彼らにとって製品は、何よりも、購入可能な(価格の)ものでなければなりません。

価格の製品を作り出す前に、デザイナーは、発展途上国の人々の生活様式を理解しなければなりません。

彼ら(デザイナー)は、どのような種類の製品を人々が望んでいるのか、そして、彼らが製品に支払える余裕がどれくらいあるのかを見い出さなければなりません。

「本当に人々が必要としているものを探さなければならない。それ以上でもなくそれ以下でもない。」と、ゴールドマンは言います。

しい暮らしをしている人々はこうした姿勢を歓迎します。

「私たちは今ようやく顧客として認められつつあると感じています。」と彼らは言います。「私たちは、デザイナーたちが、私たちが必要としている物について尋ね、そしてそれに応じた製品を開発していることが、嬉しいのです。」

デザイナーについていえば、彼らのデザインが人々の生活を向上させていることを目にすることができます。

貧困と闘う目的で、デザイナーたちは、実用的で命を救うことさえできる製品を作るために、現地の人々と心を通わせようとしています。

一つ、また一つと彼らのデザインが世界を変えつつあります。

Get the Pictureの和訳

⑨「残り90%の人々」にとってどんな製品でなければならないのですか?
⑩低コストの製品を作る前に、デザイナーは何をしなければなりませんか?
⑪デザイナーは貧困と戦うために何をしていますか?