プロビジョン2年 和訳[353]

【プロビジョン2年】Lesson4/Handwriting in the Digital Age【和訳】

このページではプロビジョン・コミュニケーション英語2年/Leeson4【Handwriting in the Digital Age】の和訳を載せていますが、学校で習う表現と異なる場合がありますので、参考程度に見てください。

【PRO-VISION2】Lesson4/Handwriting in the Digital Age【和訳】

Part1

教師が広く間隔があき線のついた一枚の紙を手渡し、「A」という文字を50回書くよう求めるときに、学校の古き良き時代がないことを誰か寂しいと思いますか?

思いませんか?

私もそうではありません(学校の古き良き時代がないことを寂しいと思わない)が、学校では手書きや書法に多大な時間と注意を払ってくれたことに感謝しています。

ABCを書くことと練習することは、幼い子供のように私にとっては楽しいものではありませんでしたが、そのトレーニングの結果として私にますます良いと本気で信じています。

したがって、私は、学校が与えている手書きのスキルへの注目が減少し、代わりに発展中のキーボードスキルを一層重視することを悲しんでいます。

違いしないでください。

私はタイピングとコンピュータスキルを築くことの重要性も重々承知しています。

学校でコンピュータースキルを学んだことがないなら、私は間違いなくこの論文を書くのがはるかに難しいと思うでしょう。そして、私は机の上にスペースを取っているその奇妙な箱のような装置とどうやって対話するか分かりません。

ありがたいことに、これは当てはまりません。私はコンピュータの電源を入れたり切ったりする方法を知っていますし、何らかの助言があれば、通常はワープロアプリケーションで自分の論文を書き、編集することができます。

Get the Pictureの和訳

①著者は何に感謝していますか?
②何が著者を悲しませていますか?
③著者は何を意識していますか?
④「私の机の上にスペースを占めるその奇妙な箱のような装置」という言葉は何を指していますか?



Part2

ンピュータがつづり(スペル)にどのような影響を与えるかを考えてみましょう。

コンピュータのオートコレクト機能(入力時のスペルミスを自動的に修正する機能)のおかげで、スペルミスを心配する必要がなくなりました。

それらは自動的に修正されるか、赤い下線で示されます。

実際にそれらの影響の結果として、私のスペリングには確かに弱点があります。

私の恐ろしいスペリングを改善するためにする唯一の方法は、私が3〜4回スペルミスした単語を手書きすることです。

スペルチェックはあなたの前にコンピュータがある場合は問題ありませんが、コンピュータなしで何かを書く必要があるときがあります。

ンピュータは素晴らしいツールですが、それは書くことになると、あなたの進歩を容易に妨げることがあります。

この理由は何でしょうか?

それはインターネットです。

同じウィンドウで新しいタブを開くウェブブラウザの機能が大好きです。私はSNSにいることができ、映画を見たり、同時にオンラインゲームをすることができますが、残念ながら自動的に私の論文を書きません。

コンピュータの前で7時間過ごした後、論文はまだ書かれていません…または、始まったところです。

画面の左上隅に私の名前とストレスのたまるほど空っぽの文書があります。

はい、コンピュータは便利な道具ですが、全ての良いことは相当の犠牲となります。

Get the Pictureの和訳

⑤なぜスペルミスを心配する必要はないのですか?
⑥著者にとって、彼の恐ろしいスペリングを改善するためにする唯一の方法は何ですか?
⑦作者の話によると、私たちの執筆の進展を容易に妨げるものは何ですか?



Part3

かし、手書きのものには、コンピュータによってもたらされる欠点はありません。

もしあなたの目の前にあるものが、ノートと鉛筆なら、あなたは本当に検索エンジンやソーシャルネットワーキングサイトにアクセスすることはできません。

私が授業の論文を書く必要があるとき、それらのほとんどは、一般的なメモと後に概要として、ノートで始まります。

私がアイデアを考え出すとき、何も邪魔をしません。

私はめったに手で長文の論文を書くことはありませんが、私はノートブックに手ですべての引用文やその他の関連情報をブレーンストーミング(自由な発想から集団でアイデアを出し合う技法)して一覧表示しています。

手書きは、ブレーンストーミングに際して特に効果的であることが判明しましたし、私はさまざまなアイデアを思いついては結びつけてグループ化しています。

言い換えれば、何の制約もなく思考することができます。

して私は自分のアイデアをどのように開発し整理するかを計画しています。

私は論文全体の概要(大まかな内容)を決めたときだけ、キーボードに触れます。

論文の最も困難な作業はすべてすでに完了しています。

このプロセス(過程)には時間と労力がかかりすぎると思うかもしれませんが、私のアイデアをより深く考えて、紙をより一貫して整然としたものにすることができます。

要するに、長期的には最良の結果につながります。

Get the Pictureの和訳

⑧著者が授業の論文を書くとき、彼はノートに手で何をしますか?
⑨著者によると、手書きがいつ特に効果的になりますか?
⑩著者は、授業の論文を書くときにいつキーボードに触れますか?



Part4

なた方の多くはおそらく、授業の教材を理解して覚えておくのに手書きでメモを取る方法について話す先生を覚えているでしょう。

いずれ分かるようになりますが、それには多くの真実があります。

最近の研究によると、手で書くことは、個人が書いたことを覚えておく能力を向上させることを示しています。

2人の心理学者が、キーボードで入力するよりも、手でメモを取ったときの方が、よりよく学習することを報告しています。

彼らは、手作業で書くことによって、より深く理解して記憶することができるように、教材をより深く処理することができることを示唆しさしています。

鉛筆と紙で書くことは、情報を覚えている人にとって有益です。

なぜもっと手書きをしないのでしょうか?

日の情報技術の急速な変化に伴い、人々の手書きのスキルは将来悪化する可能性があります。

しかし、手書きは常に独自の場所を持っています。

それは執筆の創造的プロセスの楽しくて忍耐強い部分であり、私たちの脳は運動もします。

手書きやキーボードを使用することは問題ではありません。私たちは、私たちが何を書いているのか、なぜ私たちが書くのか、そして誰が誰に書いているのかによって、両方を利用するべきです。

Get the Pictureの和訳

⑪手書きに関する最近の研究によって何が見つかりましたか?
⑫なぜ手書きは教材の理解と記憶につながりますか?
⑬著者は手書きとタイピングについて何をアドバイスしていますか?