プロミネンス 3年 和訳[327]

【プロミネンス3年】Lesson3/A One-Million-Dollar Lottery Ticket【和訳】

このページではプロミネンス・コミュニケーション英語3年/Leeson3【A One-Million-Dollar Lottery Ticket】の和訳を載せていますが、学校で習う表現と異なる場合がありますので、参考程度に見てください。

【PROMINENCE3】Lesson3/A One-Million-Dollar Lottery Ticket【和訳】

Warm Up

1.あなたは宝くじに当選した人を知っていますか?
2.米国では1日にいくつの訴訟が提起されていると思いますか。

Paragraph1

ゴミ箱から拾った100万ドルの当たり宝くじ券が、アーカンソー州での三者間の合法的な戦いの対象となっています。

もしあなたが陪審員だったら、この事件にどんな判決を下しますか?

これが起こったことです。




Paragraph2

シャーロン・ジョーンズは2011年7月に、アーカンソー州ビービーにあるコンビニエンスストアにいました。

それから彼女は、客が不当選の宝くじ券を捨てるために用意している専用のゴミ箱のところまで行きました。

彼女はしばしばするように、それら(不当選の宝くじ券)を拾い上げました。

宝くじ委員会のウェブサイトでは、人々が二次賞金に使用することができるポイントのために不当選チケットを登録することができます。

ジョーンズはこれらの券を登録用ウェブページに入力しました。

ところがそのページでは、ある1 枚の券だけにはポイントを与えてくれようとしませんでした。

3回試した後、彼女は夫に電話をかけました、そして、2人は券面の番号が完全にはこすりとられていないことに気づきました。

夫が最後の番号をこすりとると,それらが100万ドルの賞金と合っていることがわかったです。

Paragraph3

ジョーンズはその当選した券を提出し、68万ドル相当の小切手を受け取りました。

小切手が発行された後、宝くじ委員会はすべての当選したくじ券の確認作業を始めました、そしてその調査の過程で、彼らはジョーンズがゴミ箱から券をつかんだのを発見しました。




Paragraph4

ジョーンズがゴミから当選券を拾ったのが明らかにされた後すぐに、コンビニエンスストア店長のリサ・ペトリチズが客がゴミ箱からくじ券を持っていくことは許されておらず、それらのくじ券は自分のものだと主張しました。

ジョーンズが小切手を換金してから1か月後に、ペトリチズは彼女に対して訴訟を起こしました。そして、当選したくじ券は自分のものだと主張しました。

Paragraph5

二人の女性のほかに、もう一人のシャーロン、シャーロン・ダンカンは、2012年1月に訴訟に加わり、彼女が最初にチケットを購入した人であり、賞金は正当には彼女のものだと主張しました。

宝くじ読み取り機が彼女は当選者ではないと示し、もし彼女がその券の価値を知っていたら捨てなかっただろうと証言しました。

これがそれぞれの女性が言ったことです。




Paragraph6

拾得者が所有者?(券の拾得者シャーロン・ジョーンズ)

私は何年もゴミ箱から捨てられた券を取り出していますが、誰も私にゴミから券を抜き取らないようにと言ったことはありません。

本質的にこれは「拾得者が所有者」の事例です。

その上、私はすでにいくらかのお金を使いました。

ご存知の通り、すべてのお金を返済することは難しいかもしれません。

Paragraph7

ごみが財宝に?(店長のリサ・ペトリチズ)

もしジョーンズが私たちのゴミ箱から券を抜き取らなかったら、その券は店のものだったでしょう。

最初の購入者が誰であったにせよ、くじ券がその購入者によって捨てられたとき、くじ券の所有権は店に渡されました。

つまり、私は当選券を受け取る権利があります。




Paragraph8

購入者に所有権があるか?(くじ券の購入者シャーロン・ダンカン)

そのくじ券が当選券だとわかってさえいれば、私はそれを絶対に捨てなかったでしょう。

私はくじ券を捨てましたが、私が20ドルのくじ券を購入して得たという主張を放棄することはしませんでした。

その券を捨てたにしても捨てなかったにしても,当選券の権利は今でも私にあります。

Paragraph9

さて、あなたは誰に当選したくじ券の所有権があるか判決を下し、その判決に対する理由を説明しなければなりません。

準備はいいですか?