プロミネンス 3年 和訳[327]

【プロミネンス3年】Lesson2/Leaving Microsoft to Change the World【和訳】

このページではプロミネンス・コミュニケーション英語3年/Leeson2【Leaving Microsoft to Change the World】の和訳を載せていますが、学校で習う表現と異なる場合がありますので、参考程度に見てください。

【PROMINENCE3】Lesson2/Leaving Microsoft to Change the World【和訳】

Warm Up

1.絵の中の男性は何をしていますか?
2.ネパールの識字率はいくらですか。

Paragraph1

1998年に、ジョンウッドは、34歳で、彼の人生を変えた3週間の休暇をとりました。

アメリカ人の若い幹部は、何年にもわたる休みなしの仕事の報酬として、彼の休暇をヒマラヤのトレッキングツアー(何日にもわたって田園地帯や比較的険しい山地を徒歩旅行するスポーツ)に費やしました。

ネパールの離れた村のホテルで、彼は地元の学校を訪問するように彼を招待した男性と会話を始めました。

ジョンは、学校の図書館にはほんの数冊の本しかないこと、そしてそれらは旅行者によって捨てられていた子供向けではない本であることを発見しました。

それら(旅行者によって捨てられていた本)はとても貴重だと考えられていたので、子供たちからそれら(本)を守るため錠がかけられていました。

ジョンは、「こんなにたくさんの物質的な品物がある世界で、これはどうして起こるのだろうか」と疑問に思いました。

これは、幼い頃から本が大好きになって育ったジョンにとっては非常に衝撃的でした。




Paragraph2

オーストラリアに戻り、マイクロソフトでの仕事が猛烈な速さで再開した一方で、ジョンは自分自身の中で根本的な変化を経験し始めました。

何年もの間、彼は有名な会社で良い給料と恩恵を持って働くことに大きな誇りを持っていました。

一方で、ネパールへの旅行は、彼に疑問をもたらしました:

「何百万人もの子供たちが本に近づけないときに、今月台湾でコンピュータ・ソフトウェアのコピーを何部売ったかは、本当に重要だったのか?」

「ネパールの10人の子供のうち7人が生涯の非識字に直面したときに、香港で電子商取引を推進するという私たちの計画にどうして興奮するでしょうか。」

Paragraph3

それからジョンは彼の成功した人生から立ち去る準備を始めました。

ネパールで子供たちに本を持ってくること、そして発展途上国で教育を促進することをさらに助けることを計画するという考えは、彼をとても興奮させました。

ジョンは彼の夢の追求を妨げるであろうどんな制約からも、自分自身を最初に自由にしなければならなかったことを知っていました。

大変な時期でした。

ジョンはその計画をジョンを信頼しそして必要とした彼の上司、マイケルに打ち明けました。

さらに、リスクを冒して未知の世界に飛び込むという彼の決定は、彼女の理解をはるかに超えていたので、ジョンは彼の恋人のソフィーに別れを告げなければなりませんでした。

1999年に、ジョンはマイクロソフトを去り、世界中のすべての子供たちのために質の高い教育を追求する組織であるRoom to Read(ルーム・トゥ・リード)を設立しました。




Paragraph4

小さなスタート(古本の寄付を求める単純な電子メール)から、Room to Read(ルーム・トゥ・リード)は、有名な非営利団体に成長しました。

14,000以上の図書館を開設し、1,100万冊以上の本を配布し、1,500以上の学校を建設し、アジアとアフリカの600万人以上の子供たちの生活を向上させました。

これらの数字は定期的に更新され、関係者が実際に大きな変化をもたらしていることを示しています。

この非営利プロジェクトの成功した成長と健全な管理は、ジョンが競争の激しいビジネスの世界で学んだ教訓によって大いに支持されています。

教育は貧困のサイクルを断ち切って自分の生活を制御する上で極めて重要であるという強い信念の中で、Room to Read(ルーム・トゥ・リード)は依然として成長しています。