プロミネンス 2年 和訳[328]

【プロミネンス2年】Lesson4/Bonsai Goes Global【和訳】

このページではプロミネンス・コミュニケーション英語2年/Leeson4【Bonsai Goes Global】の和訳を載せていますが、学校で習う表現と異なる場合がありますので、参考程度に見てください。

【PROMINENCE2】Lesson4/Bonsai Goes Global【和訳】

Warm Up
1. 世界で最も古い盆栽は何才でしょう?
2. 写真の盆栽は何と呼ばれていますか?

Part1(p50-51)

る晴れた午後、1台のツアーバスが埼玉県大宮市の静かな住宅街の駐車場に入ります。

興奮気味にバスを降りたのは、ツアーガイドによって案内される海外旅行者のグループです。

彼らは狭い通りを通って目的地まで歩きます。

彼らはどこに向かっているでしょうか?

世界遺産やアウトレットモールではありません。

まさかと思うでしょうが、彼らは「大宮盆栽村」を訪れました。

の村は、盆栽ファンにとって昔から人気のある目的地です。

その村の歴史は関東大震災が起きた1923年にさかのぼります。

東京の盆栽園芸家が、東京に生じた被害のため埼玉に移転しました。

豊かな土壌、新鮮な空気、清潔な水は、盆栽を成長させるのにちょうど良いものでした。

本の盆栽ファンの数は減少しています。

成長する盆栽は、お年寄りの趣味として長い間考えられてきました。

実際には、1930年代後半まで、大宮には35個の盆栽庭園がありました。

現在、その数は6未満に減っています。

だから、なぜ海外訪問者の間で盆栽の人気が驚異的に上昇したのでしょうか?

それほど彼らにうける盆栽とは何でしょうか?

Qの和訳

[Q1]海外の観光客はどこに向かっていますか?
[Q2]「大宮盆栽村」の歴史はいつにさかのぼりますか?
[Q3]日本の盆栽ファンの数は増えていますか?それとも減っていますか?
[FQ]日本の旅行会社はどのような盆栽ツアーを海外観光客に提供していますか?いくつかのツアー情報をインターネットで検索してみてください。



Part2(p52-53)

国風な文化にあこがれることは、その人気を部分的に説明するかもしれません。

盆栽は、ミニ鉢植えの植物や樹木に自然を表現する芸術です。

日本人が生き物のために持つ深い尊敬も示しています。

ーター・ウォーレンさんはイギリス人の盆栽アーティストです。

彼は2002年に初めて日本を訪れました。

彼は長い間日本の庭園に興味があったので、大宮への盆栽ツアーに参加しました。

そこで彼は最初に盆栽を見ました。

彼はすぐに魅了されました。

それは、一目惚れのようでした。

彼は盆栽のワークショップに参加し始めました。

彼は6年間、見習いとして日本の盆栽の巨匠に仕えて働きました。

彼の研究を終えて以来、彼は世界中を旅してきました。

彼の使命は、日本の盆栽を世界にもたらすことです。

ォーレンさんによると、英国だけで約8,000人の盆栽ファンがいます。

ヨーロッパでは、スペインが一番盆栽ファンが多く、合計で約10,000人です。

盆栽はゆっくりと、しかし確実に世界的になっています。

Qの和訳

[Q1]盆栽とは何ですか?
[Q2]ピーター・ウォーレンさんが最初に盆栽を見たのはいつですか?
[Q3]ヨーロッパではどこの国に一番多くの盆栽ファンがいますか?
[FQ]あなたは本物の盆栽の木を見たことがありますか?もしそうなら、あなたはどう思いましたか?そうでない場合、あなたは1つを見たいと思いますか?

Part3(p54-55)

栽が広がるにつれて、美的基準は変わり始めています。

ベトナムには、たとえば、盆栽の2つの学校があります。

日本の盆栽のように小さな木を使用しているため、1つの学校は「ミニ」と呼ばれています。

もうひとつは大きな木を伴います。

それらの根は、石灰岩の亀裂に這うように栽培されています。

8メートルの高さで立つことができ、重さは10トンです。

「日本の盆栽は、長い間、ベトナムの美的モデルでした。」とNguyen Trong Hung(グエン・チョン・ハン?)は言います。

「しかし、率直に言って、それはただ鉢にミニチュアツリーを植えているだけです。だから、私たちは不満を感じ、いくつかの変更を加えました。」

国では、金壇きんだん区(江蘇省常州市)が盆栽の中心地になることを目指しています。

最近、国際盆栽展が開催されました。

「中国は急速に日本に追いついています。新しい技術を開発し、最新の流行に合わせています。」と地元の盆栽愛好家、Yao Fengは言います。

「30代、40代の男性盆栽ファンの数は劇的に増加しています。そして、彼らはもっと大胆な盆栽を作ります。」

しさは、言葉のように、見る人の目の前にあります。

Qの和訳

[Q1]ベトナムの盆栽の2つの学校はどう違うのですか?
[Q2]Yao Fengは中国の盆栽ファンについて何と言っていますか?
[FQ]アジアの他のどの国で人気がありますか?情報をインターネットで検索してください。




Part4(p56-57)

成志まさしさんは大宮盆栽村の最上級の盆栽園の1つで、才能を育んでいます。

彼は現在、盆栽をより人気のあるものにするために、剪断機を使って世界を旅しています。

日本の盆栽と海外の盆栽の違いについて聞いたところ、「気候の違いにより、樹木と苔の種類が異なります。盆栽の味も違います。大きな盆栽を好む国もあります。外見は型通りな盆栽を好む国もあります。私は訪問した国のスタイルを尊重しようとしています。逆に、もし私がしていることを大切にしてくれるなら、私はとても幸せです。」

尾さんには、美しさの多様性に対するオープンな姿勢があります。

「誰にでも1つのスタイルを強制することは不可能です。

言い換えれば、盆栽がグローバル化するためには、最初に盆栽を国別に広げなければなりません。

もちろん、伝統や形が重要です。

しかし、もし私たちがあまりにも厳しく縛られれば、私たちは人々の関わりを止めるでしょう。

私は盆栽を世界中の人々に持っていくためにできることはすべてやっています。」

彼は現在の懸念は、次世代の盆栽専門家の育成であると付け加えています。

盆栽は新しい時代に持ち込まれています。

Qの和訳

[Q1]平尾成志さんはなぜ現在世界を旅していますか?
[Q2]平尾成志さんは、美しさの多様性について何と言っていますか?
[FQ]平尾成志さんは「盆栽がグローバル化するためには、最初に盆栽を国別に広げなければなりません。」と言っています。あなたは彼に同意しますか? なぜ、なぜそうではないのですか?