現在、サイトをリニューアルしています。

【プロミネンス1年】Optional Reading1/Information Please【和訳】

このページではプロミネンス・コミュニケーション英語1年/Optional Reading1【Information Please】の和訳を載せていますが、学校で習う表現と異なる場合がありますので、参考程度に見てください。

【PROMINENCE1】Optional Reading1/Information Please【和訳】

電話は昔,とても高価で,誰でもが持てるものではありませんでした。ある男性が電話にまつわる心温まる幸せな思い出を語ります。その当時電話は「新しくて素敵な装置」でした。

p61

が小さかったとき、私の家族は、その近所で最初の電話の1 台を所有していました。

私は階段の脇の壁に据えつけられた木製の箱をよく覚えています。

受話器はその箱の片側にぶら下がっていました。

母がそれ(受話器)に向って話しかけているとき、うっとりとしながら聞いていたものでした。

れから私は、その素晴らしい装置の中のどこかに驚くべき人が住んでいることに気がつきました。

彼女の名前は「インフォメーション・プリーズ」で、彼女が知らないことは何もありませんでした。

母が時刻や電話番号を尋ねると、インフォメーション・プリーズはすぐに答えてくれました。

の魔法の力を持つ人との最初の経験は、母が留守をしていたある日やってきました。

私は遊んでいる最中に、指を金槌かなづちで叩いてしまいました。

痛みはとてもひどかったのですが、家に私のことをかわいそうに思ってくれる人が誰もいなかったので泣きませんでした。

私は指に痛みを感じながら歩き回り、ついに階段のところまで来ました。

電話だ!

急いで私はいすまで走り、それを電話のところまで引っ張ってきました。

私はよじ登り、受話器を取りました。

「インフォメーション・プリーズ」と私は言いました。



p62

小さいけれど、はっきりとした声が耳に入ってきました。

[chat face=”icon_124690_256-2.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]インフォメーションです。[/kjk_balloon]

[chat face=”pe1.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]指をけがしてしまいした。[/kjk_balloon]

と、僕は言いました。誰かが聞いてくれたので、涙が出て来ました。

[chat face=”icon_124690_256-2.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]お母さんは家にいますか?[/kjk_balloon]と、声がかかりました。

[chat face=”pe3.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]いいえ、僕一人です。[/kjk_balloon]と、僕は泣きながら答えました。

[chat face=”icon_124690_256-2.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]血は出ていますか?[/kjk_balloon]

[chat face=”pe3.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]いいえ。ハンマーで打ってしまって痛いです。[/kjk_balloon]

[chat face=”icon_124690_256-2.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]氷はありますか?[/kjk_balloon]と彼女は尋ねました。僕は持っていると言いました。

[chat face=”icon_124690_256-2.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]そしたら氷から小さなひと破片を切り出し、それを指に押し当ててください。そうすることで痛みを止めることができます。アイスピックを使うときは注意してください。[/kjk_balloon]

と、彼女は言いました。

[chat face=”icon_124690_256-2.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]そして泣かないで。大丈夫だよ。[/kjk_balloon]

その後、僕はインフォメーションプリーズにあらゆることに対して電話をしました。

僕は宿題の手伝いを頼んで、彼女は僕にフィラデルフィアとオリノコ川という、僕が大きくなったら探検しに行こうと考えているロマンチックな川のことを教えてくれました。

僕はある日一匹のシマリスを見つけ、彼女(インフォメーションプリーズ)に新しいペット(シマリス)のエサについて質問をしました。

彼女は僕に、果物やナッツを食べるだろうと教えてくれました。

p63

の日、私たちのペットのカナリアが死にました。

私は、インフォメーションプリーズに電話をして彼女にこの悲しい話をしました。

[chat face=”pe3.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]なぜ僕の鳥はケージの底で死ななければならなかったのですか?彼はとても美しく歌い、私の家族に喜びをもたらしました…なぜですか?[/kjk_balloon]

女は確かに私の深い不安を感じました。

[chat face=”icon_124690_256-2.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]ポール、歌うには他の世界もあると言うことをいつも忘れないでね[/kjk_balloon]

私は気分が落ち着きました。

の時に、私は今聞き慣れた声に、

[chat face=”pe2.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]fixのつづりは?[/kjk_balloon]と尋ねました。

[chat face=”icon_124690_256-2.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]何かを修理するのフィックス?F-I-X よ[/kjk_balloon]

のすべては太平洋北西部の小さな町で行われました。

それから、私が9歳の時、私たちはボストンに引っ越しました。

私はとても古い友達を失いました。

インフォメーションプリーズは古い木箱の中でした。

私は新しい家で電話をかけてみることに興味がありませんでした。




p64

かし、私は年を重ねるにつれて、インフォメーションプリーズとの会話に感謝するようになりました。

小さな男の子にそんなにたくさんの時間を割いてあげたなんて、彼女はなんて我慢強く、思いやりがあり、親切だったことでしょうか!

年後、大学へ行く途中、私の飛行機はシアトルに上陸しました。

私は飛行機を乗り換えるのに約30分あったので、私たちの故郷に再び住んでいた妹と電話で話しました。

それから、なぜだか僕は故郷のオペレーターに電話をかけ、言いました。

[chat face=”pe2.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]インフォメーション・プリーズ[/kjk_balloon]

あの小さいけれど、ハッキリとした声が再び聞こえてきました。

[chat face=”icon_124690_256-2.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]インフォメーションです。[/kjk_balloon]

私は聞いた瞬間に、言いました。

[chat face=”pe2.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]fixという言葉ののつづりを教えていただけますか?[/kjk_balloon]

長い沈黙がありました。その後、答えが来ました。

[chat face=”icon_124690_256-2.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]もう、指は痛くはないんでしょ?[/kjk_balloon]

僕は、笑いました。

[chat face=”pe2.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]やっぱり、本当にあなたなんですね。ねえ、あの頃ずっと、僕にとってあなたがどれほど大切だったかご存知ですか?[/kjk_balloon]

[chat face=”icon_124690_256-2.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]ええ、[/kjk_balloon]

彼女は答えました、

[chat face=”icon_124690_256-2.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたも私にとってどれほど大切だったのかご存知かしら?私には子供がいなかったの、だから、あなたから電話がかかって来るのをいつも楽しみにしていたのよ。[/kjk_balloon]

[chat face=”pe2.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]何年もずっとあなたのことを何度も何度も考えていたんです。妹のところに立ち寄りに帰って来た時に、また電話をしてもいいですか?[/kjk_balloon]

と私は尋ねました。

[chat face=”icon_124690_256-2.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]ええ、ぜひそうしてください。サリーをお願いしますって言ってくださいね[/kjk_balloon]

[chat face=”pe2.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]さようなら、サリー。[/kjk_balloon]

インフォメーション・プリーズに名前があるのが変な感じでした。

[chat face=”pe2.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]シマリスをまた飼う時には、果物と木の実をあげるようにします。[/kjk_balloon]

p65

[chat face=”icon_124690_256-2.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]そうしてね。[/kjk_balloon]

と、彼女は言いました。

[chat face=”icon_124690_256-2.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あのロマンチックな川、オリノコ川はもう探検したのかしら?では、さようなら。[/kjk_balloon]

ちょうど3カ月後に僕はシアトルにまた帰っていました。

僕はインフォメーション・プリーズに電話をかけると、違った声が返ってきたので、僕はサリーに代わるようお願いしました。

[chat face=”icon_001950_256.png” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたは(サリーの)友達ですか?[/kjk_balloon]

[chat face=”pe2.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]はい、古い友人です。[/kjk_balloon]

[chat face=”icon_001950_256.png” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]それなら、残念ですがお伝えいたします。サリーは病気のため最後の1,2年はパートタイムでのみ働いていました。彼女は5週間前に亡くなりました。[/kjk_balloon]

僕は、言葉を失いました。

電話を切ろうとしたとき、彼女は言いました。

[chat face=”icon_001950_256.png” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]少し待ってください。ひょっとして、あなたはヴィラードさんですか?[/kjk_balloon]

[chat face=”pe2.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]そうです。[/kjk_balloon]

[chat face=”icon_001950_256.png” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]では、サリーからのメモがあります。彼女が書いたものです[/kjk_balloon]

[chat face=”pe2.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]それには何と書かれていますか?[/kjk_balloon]

僕は、尋ねました。

[chat face=”icon_001950_256.png” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]ここにありますー彼に、私はまだ歌をうたう別の世界があると言っている、と伝えてください。彼には私が何を言っているかわかるはずよ。[/kjk_balloon]

僕はお礼を告げて電話を切りました。

僕はサリーが言いたかった意味がわかりました。

関連記事