ポールスター1年 和訳[342]

【ポールスター1年】Lesson6/The Dark Side of Diamonds【和訳】

このページではポールスター・コミュニケーション英語1年/Leeson6【The Dark Side of Diamonds】の和訳を載せていますが、学校で習う表現と異なる場合がありますので、参考程度に見てください。

【POLESTAR1】Lesson6/The Dark Side of Diamonds【和訳】

長い間、ダイヤモンドは指輪で人気がありました。それらは明るく美しいと見なされます。 しかし、いくつかのダイヤモンドには暗い面があります。

Part1

なたはシエラレオネ(共和国)を知っていますか?

アフリカの西海岸にある国です。

北海道より少し小さい、約70,000平方キロメートルの土地です。

2008年の人口は約600万人でした。

エラレオネはアフリカで最も貧しい国の一つです。

人々の約60%は1日にたった1ドルで生活をしています。

2008年の平均寿命は、わずか42歳で、世界で最も低い国のひとつでした。

の問題の主な理由は、1991年から2002年にかけての戦争でした。

政府と反政府勢力の戦争でした。

これらの反政府勢力は、シエラレオネの鉱山から得たダイヤモンドを使って銃を購入しました。

ダイヤモンドは通常人々を幸せにしますが、シエラレオネの人々にとっては、不幸しかもたらさなかったのです。

Comprehension Quizの和訳

[CQ1]シエラレオネはどれくらい大きいですか?
[CQ2]2008年のシエラレオネの平均寿命はどのくらいでしたか?



Part2

争の支払いに使用されるダイヤモンドは、「紛争ダイヤモンド(血塗られたダイヤモンド)」として知られています。

実際、Blood Diamondブラッド・ダイヤモンドと呼ばれる映画があります。

1990年代のシエラレオネでの紛争ダイヤモンドの売買に関する話です。

実の生活では、映画のように、反政府勢力は地元の村の人々に鉱山で働かせるように強制しました。

仕事は困難で危険でした。

多くの人がそこで生活しました。

200万人が国を離れる必要がありました。

争で一番苦しんでいたのは子供でした。

彼らの多くは両親と家を失いました。

さらに悪いことに、多くは反政府勢力によって奪取されました。

いくつかの報告によると、10歳から16歳の間の子どもが5,000人以上支配されたとのことです。

鉱山に送られた子供たちもいました。

他の子供たちは兵士として戦いました。

これらの子供兵士の多くは、罪悪感を感じさせずに人々を殺す薬を与えられました。

Comprehension Quizの和訳

[CQ3]反政府勢力は地元の人々に何をしたのですか?
[CQ4]反政府勢力は何人の子供を連れてきたのですか?



Part3

界は1998年まで紛争ダイヤモンドに対して何もしませんでした。

その年、国際連合がはじめてその問題を取り上げました。

の後、2000年に南アフリカのキンバリーで会議が開催されました。

さまざまな国の人々が集まってきました。

彼らの目的は、紛争ダイヤモンドの販売を停止する方法を見つけることでした。

これは多くのそのような議論のほんの最初のものでした。

いに、2002年に、国連が計画を採択しました。

それは「キンバリープロセス」と呼ばれていました。

この新しいシステムでは、政府は紛争ダイヤモンドの売買をやめなければなりませんでした。

2009年12月までに、75カ国がキンバリー・プロセスに参加しました。

1990年代半ばには、販売されているダイヤモンドの約15%が紛争ダイヤモンドでした。

それは後に1%以下にまで下がりました。

しかし、まだダイヤモンドを購入することは可能です。

貿易を完全に止めるためには、もっと多くのことを行う必要があります。

Comprehension Quizの和訳

[CQ5]国連が初めて紛争ダイヤモンドの問題を取り上げたはいつですか?
[CQ6]キンバリー・プロセスの一部である国はどうすればよいでしょうか?



Part4

エラレオネの戦争は何年も前に終わりましたが、国は多くの重大な問題を抱え続けています。

貧困はまだまだあり、多くの人々にとって人生は非常に難しいのです。

2009年には、日本のテレビ番組でシエラレオネの13歳の少年が紹介されました。

彼はそこで彼の人生について語りました。

彼は小学校で成績が上位の学生うちの一人でした。

しかし、中学校に入ると、彼は(学校から)去らなければなりませんでした。

彼は中学校で勉強を続けるのに十分なお金がありませんでした。

彼はダイヤモンド鉱山に行き、6ヶ月以上にわたって頑張って働きました。

しかし、彼が達成したのはたったの2ドルでした。

組では、彼は過去について話すことはありませんでした。

彼は自分の国の副大統領になりたいと言いう、彼の将来の夢を説明しました。

彼は国の子供たちの命を安全にしたいと考えていました。

彼は子供たちが彼のような人生を送ることを望んでいませんでした。

エラレオネの子供にとって、平和はダイヤモンドよりもはるかに重要なのです。

Comprehension Quizの和訳

[CQ7]シエラレオネの少年は、日本のテレビで紹介されたとき、何歳でしたか?
[CQ8]少年の夢の一つは何でしたか?