エレメント 2年 和訳[337]

【エレメント2年】Lesson3/A Teenager To Change the World【和訳】

このページではエレメント・コミュニケーション英語2年/Leeson3【A Teenager To Change the World】の和訳を載せていますが、学校で習う表現と異なる場合がありますので、参考程度に見てください。

【ELEMENT2】Lesson3/A Teenager To Change the World【和訳】

Part1

1

膵臓すいぞうがんはたちの悪い病気です。

この病気の患者のほとんどは遅すぎると診断され、5年後にはほとんど生存しません。

これは主に、膵臓癌の検出が非常に困難で、しばしば不確かであったためです。

2

アメリカの高校生、ジャック・アンドレイカの友人であるテッド叔父さんは、この病気で亡くなりました。

テッド叔父さんは本当のおじさんのようだったし、ジャックが困っているときはいつでも彼は良いアドバイスをしてくれました。

テッド叔父さんは「良い方法があります」と言って、問題から抜け出す方法を教えてくれました。

3

病気に苦むテッド叔父さんの知らせは、ジャックに衝撃を与え、混乱させました。

彼は「なぜ医者が癌を早く見つけることができなかったのだろう?」と疑問を抱き始めました。

それが彼が膵臓がんの治療法を見つけようと思ったときでした。



Part2

4

インターネット上で、彼は膵臓癌患者に見られるタンパク質のデータベースを見つけました。

彼は、病気の初期段階から増加したタンパク質があれば、疾患を検出するための「マーカー」として使用できると考えました。

しかし、ジャックは壁に当たりました。

データベース中のタンパク質の数は8000よりも多くありました。

5

彼は何を考えたでしょうか?

実は、彼はテッド叔父さんと将来の夢について話したことを思い出しました。

ジャックは人々を助けるために医者になりたかったのです。

テッド叔父さんは「巨大な障害物が現れたときは、あなたの仕事とそれができるすべての利益によって影響を受ける可能性のある人に焦点を当ててください。患者のことを覚えていて」と言いました。

6

これらの言葉がジャックを頑張らせました。

彼はデータベース全体を調べ、各タンパク質を一つずつチェックしました。

ついに、彼は病気の初期段階から増加していた1つのタンパク質に遭遇しました。

彼はマーカーを見つけました。

Part3

7

さて、ジャックはさらなる実験を行うために実験室スペースが必要でした。

彼は、膵がんを専門とする200人の教授に手紙を書いて、いくつかの研究スペースを求めました。

8

1ヶ月以内に、199件の拒否を受けました。

この手紙の1つに、「あなたが私の仲間の研究者の貴重な時間を無駄にし続ける前に、あなたの興味のある分野でより良い教育を受けることをお勧めします。」とありました。

彼は傷つきましたが、まだ決心していました。

9

その後ある日、彼は学校から帰ってきて自分の受信トレイを開いたとき、ジョンズ・ホプキンス大学の教授であるメイトラ博士からのメッセージを見つけました。

そのメッセージには「本当に興味深い提案です。来て、それについて話して下さい。」とありました。



Part4

10

メイトラ博士は彼を小さな会議室に導き入れました。

そこで、数人の医師が相次いで来て、彼に質問をしました。

疲れていましたが、ジャックはすべての質問に答えました。

それから彼は、「OK、これをしましょう」というメイトラ博士の言葉を聞きました。

11

その後、ジャックの研究は数ヶ月後に報われました。

今日、ジャックの早期発見法のおかげで、非常に低コストですばやく正確に膵がんを見つけることができます。

将来、ますます多くの人々がこの検査を受けて、この病気から生き残ることができます。

12

人々は 「どうしてそんなに革新的な方法を思いついたのですか?」と尋ねました。

彼は簡単に答えました。「山ほどのつらい作業と山ほどの失敗のおかげです。」

ジャックはテッド叔父さんの「良い方法がある」「患者のことを覚えていて」という言葉に心から従って行動しました。