エレメント 1年 和訳[339]

【エレメント1年】Lesson3/Predictions of the Future【和訳】

このページではエレメント・コミュニケーション英語1年/Leeson3【Predictions of the Future】の和訳を載せていますが、学校で習う表現と異なる場合がありますので、参考程度に見てください。

▽Comprehension,Vocabulary,Grammar and Structure,Practiceの解答例

【エレメント1年】Lesson3/Predictions of the Future【解答例】このページではエレメント・コミュニケーション英語1年/Leeson3のComprehension,Vocabulary,Grammar ...

【ELEMENT1】Lesson3/Predictions of the Future【和訳】

Part1

科学技術の未来についての予言は、たいてい不愉快なものです。

それらのうちのひとつでは、人間は非常に賢いコンピュータと戦っています。

もうひとつでは、政府が常に人々を監視している中で、彼らは洗脳され、懸命に働いています。

私たちはそのような未来を望んでいません。

しかし、アメリカ人の作家であり科学者でもあるアイザック・アシモフは、1964年
の時点で、今日の私たちの生活について見事な予言をしていました。

『2014年の万国博覧会を訪れよう』というタイトルの彼の予言は、50年前にニューヨーク・タイムズ紙に掲載されました。

自動運転車、ビデオ通話、原子力の使用、自宅でさまざまな仕事をするロボットなど、彼の多くの予言が実現していることがわかるでしょう。

アシモフはまた、2014年には世界人口が65億になり、アメリカの人口は3億5千万に達するだろうとも考えていました。

彼はとても近くに来ました。

2014年の世界人口は約72億でアメリカの人口は3億1,900万でした。



Part2

彼は他にも、まだ実現していない予言を行いました。

たとえば、海底住宅がいつ実現するかは私たちにもわかりません。

しかしながら、彼の実現していない予言の多くは、まだ普及していないだけで、今日こんにち十分あり得るものです。

たとえば、光を発する壁板がもっと普及するにつれて、窓は壁にある開口部にすぎなくなってしまうのではないかと彼は考えました。

補足壁板自体が光を発するようになって窓の採光機能が不要になり窓は単なる開口部になってしまうだろうと彼は考えました。

彼はまた、町のショッピングエリアで歩道を動かすという考えを思いつきました。

それらはすでに空港にあります。

「大規模な太陽光発電所」という彼の夢はなかなか実現しませんでしたが、それもついに現在、世界の多くの場所で建設中です。

Part3

アシモフは未来について予言した唯一の人ではありませんでした。

もう1人の作家である、アーサー・C・クラークも、2014 年についてのほぼすべての予言を的中させていました。

その一例が無線通信です。

「私たちは好きな場所ですぐにお互いに連絡をすることができます。

今からわずか50年後には、ロンドンからと同じ程度の仕事を小さな島から行うことができるようになるかもしれません。」と彼は言いました。

クラークはまた話す時に、冗談ではありませんが、「私たちはある都市で別の国の人の脳手術を行うかもしれません。」と言いました。

彼は再び正解しました。

ロボットを用いた遠隔手術はすでに普及しつつあります。

次に、今日の世界のトップの科学者によって行われた将来の予測のいくつかを見てみましょう。

彼らによれば、コンピュータの能力は18か月ごとに倍になるでしょう。

それは10年ほどでコンピュータ部品は紙のように安くなることを意味します。

私たちが今知っているコンピュータはなくなるでしょう。

電気や水道のように、どこにでもありますが、隠されています。



Part4

また、20~30 年後には、親が子どもの目や髪の毛の色などを選べるようになるかもしれません。

私たちは、100ドル以下の値段で遺伝子テストを受けられるようになるでしょう。

医師は、あなたの遺伝子に悪いものがあるかどうかを見分けることができ、健康を保つためにそれらを治療することができるようになるでしょう。

もうすでに、優れた記憶力と身体能力を持つマウスを作り出す「スマート・マウス」や「ストロング・マウス」の遺伝子が発見されています。

私たちは、人体にもこれらの遺伝子があることを知っています。

これらの予言は実現するでしょうか。

私たちが科学の重要性を理解すれば、それは可能です。

また、科学を適切に使うことを学ぶべきです。

良い方法は何でしょうか?想像力を使ってみましょう。