エレメント 1年 和訳[339]

【エレメント1年】Lesson2/Christian the Lion【和訳】

このページではエレメント・コミュニケーション英語1年/Leeson2【Christian the Lion】の和訳を載せていますが、学校で習う表現と異なる場合がありますので、参考程度に見てください。

▽Comprehension,Vocabulary,Grammar and Structure,Practiceの解答例はこちら

【エレメント1年】Lesson2/Christian the Lion【解答例】このページではエレメント・コミュニケーション英語1年/Leeson2のComprehension,Vocabulary,Grammar ...

【ELEMENT1】Lesson2/Christian the Lion【和訳】

Christian the Lion:クリスチャンという名のライオン
Love has no limits:愛には限界がない

Part1

1

1969年のある日、ロンドンの大きなデパートは買い物客でいっぱいでした。

ジョンとエースはロンドンで家を共有していました。

彼らはそのとき、オーストラリアにいる家族に贈るためのクリスマスプレゼントを探して買い物をしているところでした。

2

彼らは買い物をしている間に、売り出し中の赤ちゃんライオンが入っている小さなおりを見つけました!

「デパートでライオンなんて見たことがない!」とエースは驚きのあま叫びました。

3

赤ちゃんライオンはかわいかったが、とても悲しそうに見えました。

彼らは、そのような小さな檻に入れられているライオンが気の毒だと思いました。

ついにジョンがこう言いました。「彼を買いましょう。」



Part2

4

そのオスライオンはクリスチャンと名付けられました。

ほんの数日のうちに、クリスチャンはジョンとエースとの新しい生活が好きになりました。

2人の男性とクリスチャンは、本当に仲良く暮らしていました。

彼らのうちの一人が他の人と話していたら、クリスチャンは彼と遊びたいと思ったことを示すために彼に静かに触れました。

5

クリスチャンは外出することも大好きでした。

ジョンとエースは、彼に特製の首輪を買いました。

彼らが彼(クリスチャン)と一緒に散歩に行ったとき、彼(クリスチャン)は興奮した子犬のようにリードを引っ張っりました。

彼らはまた、野原で何時間も走り回ったり、ボール遊びをしたりしました。

「彼のいない生活は想像できません。」とジョンはほほ笑みながら言いました。

6

初めの頃、人々はロンドンの街でライオンを見て驚きました。

しかし、彼らはすぐにクリスチャンが小さなかわいい友だちであると分かりました。

新聞のカメラマンやテレビのレポーターなど、多くの人々がクリスチャンに会いに来ました。

7

しかし、クリスチャンはとても速く成長していきました。

ジョンとエースは、幸せな生活は長く続かないだろうと感じていました。

Part3

8

ある日、クリスチャンは家でベルトを見つけ、それを歯で拾い上げました。

エースは彼からベルトを取り上げようとしましたが、クリスチャンは初めて怒って鋭い歯を見せました。

エースはショックを受けましたが、そのことでクリスチャンが野生の動物なのだということ
を思い出しました。

9

数日後、2人の男性はアフリカから来たライオンの専門家のジョージに会いました。

ジョージは、クリスチャンは野生の他のライオンたちの仲間に加わるべきですと言いました。

ジョンとエースも、野生での生活がクリスチャンにとって一番良いということはわかっ
ていたので、彼らは最終的にジョージの意見に同意しました。

10

1970年に、3人の男性はクリスチャンを自由にするためにケニアへ行きました。

彼らは、クリスチャンが野生で生きられるように訓練する必要もありました。

クリスチャンは新しいライオンの友だちに会い、彼らの生き方を学びました。

11

彼らの最後の日はすぐにやって来ました。

ジョンとエースは、最後の楽しい1日をクリスチャンと一緒に過ごしました。

翌朝、彼らはさよならを言わずに早く出発しました。



Part4

12

1年後、ジョンとエースはアフリカに戻ってきました。

ジョージは彼らに、こう言いました。「彼(クリスチャン)は他のライオンたちと仲良くしています。彼は新しい生活が気に入っていて、野生動物と同じようにふるまっています。」

2人の男性は、今のクリスチャンに近づくのは危険すぎるとも言われました。

13

彼らが野原にやって来ると、1頭のライオンが現れました。

それはクリスチャンでした!

突然クリスチャンが彼らに向かって走り出しました。

そのような状況では、誰もが怯えて「気をつけて!」と叫ぶでしょう。

しかし、クリスチャンは大きな足をエースの胸に乗せ、彼の顔をなめ始めました!

彼はジョンにも同じことをしました。

「信じられません。彼が私たちを覚えていてくれるなんて!」とエースが言いました。

「僕は、クリスチャンは僕たちを忘れないってわかっていたよ。そうなるとわかってい
たんだ。」とジョンは言いました。

14

その後、クリスチャンは古い友人たちを連れて、自分の新しい家族に会わせさえし
ました。

男たちは、真の友情と愛には限りがないということを知りました。