エレメント 1年 和訳[339]

【エレメント1年】Lesson1・Speed Reading/Rakugo【和訳】

このページではエレメント・コミュニケーション英語1年/Leeson1・SpeadReading【Rakugo】の和訳を載せていますが、学校で習う表現と異なる場合がありますので、参考程度に見てください。

【ELEMENT1】Lesson1・Speed Reeding/Rakugo 【和訳】

▼Lesson1の和訳はこちら

【エレメント1年】Lesson1/Rakugo in English【和訳】このページではエレメント・コミュニケーション英語1年/Leeson1【Rakugo in English】の和訳を載せていますが、学校で...

落語は物語を語る演芸です。

落語家は様々な登場人物を表すために語りと演技の表現力豊かな方法で、架空のドラマを創り出します。

しかし、落語家はいくつかのルールに従わなければなりません。

例えば、落語家は膝立ちは時々してもよいのですが、座布団に座らなければなりません。

二人以上の役を演じなければならないので、ある役を演じる時には右側から、別の役を演じる時には左側から話します。

登場人物が別の架空の場所へ移動する時以外は、この方向を変えてはなりません。

落語は通常3つの部分から構成されています:導入部、主体、そして「おち」と呼ばれる落ちです。

導入部として、落語家は滑稽な話をすることが多いです。

この話は「小噺こばなし」と呼ばれます。小噺の例を紹介しましょう。

だんさん:やぁ、きーさん、入って入って。

きーさん:やぁ、だんさん。今日だんさんの誕生日だって聞いたんだ。 誕生日おめでとう、だんさん!

だんさん:おぉ、ありがとうありがとう。どうぞ座ってよ。

きーさん:ありがとう。ところで、だんさんは今何歳?

だんさん:え、私かい?今日65歳になったんだよ。

きーさん:65歳?65歳?わぁ、そんな歳に見えないね。せいぜい64歳だよ。

だんさん:昨日は64歳だったよ。

Qの和訳と解答例

  1. 落語家は落語の伝統芸能の規則に従わなければならない。(T)
  2. 落語家は演芸中に時々立つことができる(F)
  3. 落語家は、1つの物語で複数の役を演じません。(F)
  4. 落語の冒頭で、落語家は小噺と呼ばれる物語をよく話します。(T)
  5. だんさんは彼の本当の年齢よりもっと年上に見えます。(F)