クラウン 3年 和訳[329]

【クラウン3年】Lesson3/Captured by Art【和訳】

このページでは高校クラウン・コミュニケーション英語3年/Leeson3【Captured by Art】の和訳を載せていますが、学校で習う表現と異なる場合がありますので、参考程度に見てください。

【CROWN3】Lesson3/Captured by Art【和訳】

The main actor in the total installation, the main center toward which everything is addressed, for which everything is intended, is the viewer.

-Ilya Kabakov(イリヤ・カバコフ)

Before You Read

インスタレーションアートは最近の芸術形式です。

それは私たちが通常美術館で経験する芸術とは異なります。

インスタレーションは通常立体的です。

それらは私達が空間を見る方法を変えるように設計されています。

それらは大きくても小さくても、屋内であろうとなかろうと、公的に認められているか違法であるかもしれませんが、それらはすべて同じような目的を持っています。

あなたは、完全にそれを経験するために、インスタレーションを通って、または、それのまわりをしばしば歩かなければなりません。

しっかりしているインスタレーションもあれば、とても壊れやすいので数時間しか続かず、一度だけ見ることができるものもあります。

インスタレーションを彫刻や他の伝統的な芸術とは違うものにしているのは、それが個別の個別のアートワークの展示ではなく完全な経験であるということです。

アーティストの焦点は、視聴者が自分の作品をどのように体験するかにあります。

彼らは激しい経験をしたいのです。

このレッスンでは、3人のアーティストとその作品を見ていきます。




Section1

ンスタレーションアートは奇妙で不思議なものになる可能性があり、いつもの環境を根本的に変えることであなたの不意をつきます。

あなたはある晴れた午後、携帯電話でテキストメッセージを送っているか、試験について考えてながら歩いているかもしれません。そこでこの光景に出会います。

なたは立ち止まって見ます。

あなたは二度見をして、そして三度目を見ます。

トーストは本当に飛び出しているのでしょうか。

下水道の火格子から!

あの女性は本当に眠っているのでしょうか。

街の駐車スペースに!

し前、あなたはあなた自身の考えに没頭していました。

今、あなたは非常に警戒しす、あなたの感覚はまさにあなたの目の前にあるものに集中させています。あなたは完全にその瞬間に夢中です。

なぜトーストが下水管から飛び出してくるのでしょうか?

通りに眠っている女性の彫刻があるのはなぜでしょうか?

れらの都市風のインスタレーションを制作したアメリカ人アーティスト、マークジェンキンズは、本物そっくりの彫刻作品を作り、そしてそれらを普通の通りや建物の中に置きます。

「都会の悪ふざけ」と呼ばれることもあり、ジェンキンズは人々に衝撃を与え彼らの通常の慣習から離脱させ、彼らをより深いレベルで世界と対話するように導きます。

ジェンキンズのインスタレーションは時々壊れやすく、しばしば正式な許可なしに設置されます。

それらは時々1時間のうちになくなってしまいます。

ェンキンズは単に通行人の日常生活を混乱させることだけを目的としているのではなく、彼らを自分のインスタレーションの一部にして都市環境を混乱させたいと考えています。

彼の考えでは、インスタレーションは、人々がショックや娯楽などの感情を表現することによって彼らが見るものに反応するにつれて彼らが俳優になるステージです。

ぜ彼がこのユニークな種類の芸術を作ったのか尋ねられた時、ジェンキンズは人々に彼らの周りの世界に気づくように刺激したいと言います:

「私は人々に彼らの環境、本当のものとそうでないものに疑問を抱かせることが好きです。最近、人々は携帯電話にとても没頭しています、そして私は単に彼らに顔を上げて欲しいだけです」

Section2

ツ・ニシは1960年に名古屋で生まれた日本人のインスタレーションアーティストです。

彼はベルリンと東京に住み、仕事をしています。

マーク・ジェンキンズのように、彼は私たちを驚かせるインスタレーションを制作しています。

ニシは、私たちがふだん見ることさえしない物や場所に対する新鮮な見方を私たちに与えるために、自分のインスタレーションに大きさと距離を使います。

芸術家として、ニシは環境を再創造するだけでなく、彼自身を再創造します。

例えば、タツ・ニシは彼の名前の1つにすぎません。

「私は私の名前を数回変えました」と彼は言います。

「今はタツ・ニシですが、Tazro Niscino、Tatsurou Bashi、Tatzu Oozuなどのような名前で活動しています。私は2年かそこらごとに名前を変えています。」

シのインスタレーションは、しばしば公的な記念像を中心に建てられた部屋です。

その結果は2つあります。一方では「即席の彫刻」が私的空間に出現し、他方では見慣れた彫刻が新しい建造物の中に消えます。

部屋の中では、この公的なものから私的なものへの劇的な変化は、見物者が魅力的で不思議なものと感じる彫刻との出会いを生み出します。

2011年、ニシはシンガポールの国定記念物であるマーライオンを根本的に変革するというアイデアを思いつきました。

マーライオンは、ライオンの頭と魚の体のある像の泉です。それはマリーナベイへの入り口に立っています。

シは、マーライオンを動かさずにホテルの部屋に入れることにしました。

彼がしたことは本当に驚くべきことであり、何人かの人々にとっては衝撃的でした。彼は8.6メートルの高さの像の周りに豪華なホテルの部屋を建てたのです。

2011年3月13日から5月15日まで、1部屋のマーライオンホテルが一般公開されました。

それは一晩滞在のために開いていた。

ニシ氏自身が最初のゲストでした。

が自身の芸術をどのように説明するか尋ねられたとき、ニシはこう言いました、

「芸術は美術館やギャラリーでの正式な作品に限定されない。

実際、「芸術」は決して物の中に存在するのではない。

芸術は環境と精神的につながっている観客の中にある。

アートは鑑賞者の気持ちであり、アートワーク自体の特性ではありません。」




Section3

ツ・ニシのように、デンマーク – アイスランド人のインスタレーションアーティストであるオラファー・エリアソンも大きなプロジェクトを専門としています。

1998年から、彼は東京や他の都市のいくつかの水路に染料を入れ、それらを明るい緑色に変えました。

彼は2008年にブルックリン橋の下に人工の滝を作りました。

そして2016年に彼はベルサイユ宮殿の庭園に巨大な滝を建てました。

ルサイユ宮殿の庭園に巨大な滝を作るのは気が狂った考えのように思えるかもしれませんが、実際にはそうではありません。

ベルサイユ宮殿を彼の家にしたフランスの王ルイ14世(1638-1715)はいつも滝を望んでいました。

それ(ベルサイユ宮殿の庭に滝をつくること)は王の庭師、アンドレ・ル・ノートルの考えでもありました。

しかし300年前に建てることは不可能でした。

エリアソンの滝をルイが生き続けて見たら、彼はそれがまるで夢のようだと言ったでしょう。

エリアソンはルイの願いをよく知っています。

彼は、「滝は夢を実現させるために、不可能を可能にする試みです」と言います。

ェンキンス、ニシ、エリアソンのようなインスタレーションアーティストは非常に個性的ですが、彼らの作品の間には大きな違いがあります。

しかし、彼らは私たちを驚かせ、彼らを彼らの芸術の中にとらえるという同じ基本的な目標を共有しています。

これらのアーティストは私たちに彼らの作品にどのように反応してほしいと思いますか?

リーンリバープロジェクトの間に東京に住んでいると想像してみてください。

あなたはある朝、窓の外を見て、家の近くの川が明るい緑色であるのを見ます。

あなたならどう思いますか? あなたは何と言うでしょうか?

なたはこのようなことを言うかもしれません:

「何があったの?私は生まれてからずっとこの通りで暮らしてきましたが、今までこんなことを見たことがありません。

この辺で大きな変化はほとんど何もありません、そして変化が起こるとき、それは遅いです。

私はこれが当たり前のことと思うようになっていました。

突然、川は緑色に変わりました。

それは川だけではありません。

すべてが違って見えます。 私は完全に魅了されています!すごい!」

の芸術を体験する方法は、ルーヴル美術館のモナリザを見るのとは大きく異なります。

これがインスタレーションアートでもっとも大切なことです。




Optional Reading『Breaking Out, Breaking In』和訳

ンスタレーションアーティストは、芸術は公共の場でアクセス可能であるべきだと考えています。 彼らはそれを美術館から「持ち出す」ために芸術を解放したいと思っています。

ぼ100年前、他のアーティストグループも同様の洞察を持っていました。 彼らは、美術館は芸術と見なされるに値する多くの物を避けたと感じました。 これらの芸術家たちは日々のものを取り上げ、それらを額縁や台座の上に置いて、それらが「芸術」であると主張しました。 彼らは、「何が芸術なのかを決める資格を誰が与えられているのか?芸術家か?美術館のディレクターか?」と尋ねました。 彼らは芸術を美術館に「持ち込む」のを助けようとしていました。

ランスのシュルレアリスト、マルセル・デュシャンは、これらのアーティストの中で最も有名な一人でした。 ここに彼の作品のうちの2つの写真があります:彼が金物屋で購入し、台座の上に置いて、そしてタイトル「Fountain(泉)」と付けた帽子掛けと普通のトイレの写真です。

はまた、この「彫刻」(自転車の輪)を展示しました。 芸術家が芸術だと言ったら、芸術なのでしょうか?

ュシャンには少しはいたずらっぽい気持ちもありましたが、重大な指摘もしていました。最近では、500人の美術評論家が、『泉』は現代美術の中で一番影響力のある作品だと見なしました。

1917年に、それらにタイトルを与えて、それらを台座の上に置くことによって、当たり前のものを威厳のあるものにするという考えは、芸術であるものと芸術ではないものという受け入れられた考えに対する衝撃的な挑戦でした。 批評家たちは、芸術作品であるためには、少なくとも物は芸術家の手によって修正されていなければならないと信じていました。

かし今日、多くの芸術批評家は、単にオブジェクトを移動してそれにタイトルをつけることは、そのオブジェクトの機能やその状態に対する認識を変えるので、そのオブジェクトの修正を構成すると主張します。

ケランジェロは石のカタマリを拾い上げ、作り変え、『ダビデ像』と呼びました。デュシャンは便器を拾い上げ、手を加え、『泉』と呼んだのです。これは2つとも「芸術」なのでしょうか?決めるのは、みなさんです。