クラウン 3年 和訳[329]

【クラウン3年】Lesson1/Life as a Journey【和訳】

このページでは高校クラウン・コミュニケーション英語3年/Leeson1【Life as a Journey】の和訳を載せていますが、学校で習う表現と異なる場合がありますので、参考程度に見てください。

【CROWN3】Lesson1/Life as a Journey【和訳】

Travel is more than the seeing of sights; it is a change that goes on, deep and permanent, in the ideas of living.

— Miriam Beard

旅をするということは風景を見る以上の意味がある。それは、生き方を考える中で深く永続的に続く変化のことである。

Before You Read

人生は旅であると言うとき、私たちはその比喩ひゆ的な意味でそれを通常理解します。

しかし、旅人として人生を本当に生きた詩人がいました。

実際、彼は人生で何度も長い旅をしました。

そのような旅で、彼は合計143日をかけて、1767kmの距離をたどりました。

彼はどのように旅行しましたか? 彼は運転しましたか? 彼は電車かバスを利用しましたか?

いいえ、彼の時代には公共交通機関はありませんでした。

代わりに、大部分を彼は歩きました。この種の旅は、若者や言うまでもなく中年の男性にとっては挑戦的でしょう。

それで、なぜ彼はなぜ絶えず旅に出るのでしょうか?彼がそれをした理由は何ですか?

その詩人は松尾芭蕉ばしょう(1644-1694)でした。




Section1

々はさまざまな目的のために旅行に行きます。娯楽のためもあれば、仕事のためもあります。

目的が何であっても、今日ではすべての公共交通機関や快適なホテルで旅行をするのはとても簡単です。

しかし、自分が300年位前、江戸時代に旅をしていると想像してください。

自分が長い距離を徒歩または馬に乗って進んでいると想像してください。

の当時、旅行をすることは、私たちが思っている以上に大変でした。

彼の旅行スケッチの1つに、芭蕉はこう書いています。彼は、身軽に旅行することを正しいと思っていましたが、彼は背中に持っていなければならなかったものがありました:上着、すずり、筆、筆記用紙、そして薬です。

あなたの背中にこれらのものをずっと持って歩かなければならないことを想像してみてください。

あなたの足は痛み、あなたはとても疲れているでしょう。

次の俳句は、長い日々の道のりの後の芭蕉の疲れを示唆しています。

草臥くたびれれて 宿かるころや 藤の花

歩きくたびれて、そろそろ宿を借りなければと思っていたところ、ある家の門辺に、夕暮れの色にまぎれず紫色の藤の花が咲いている。それが旅にあるもののわびしい心に沁みいるばかりであった。

適な宿を見つけることが常に可能ではありませんでした。

日本の北部への彼の旅行で、芭蕉は出羽の国に入るために尿前の関を通過しなければなりませんでした。

しかし、門番は疑い深く、彼が通るのを最終的に許す前に、芭蕉を長時間待たせました。

彼は巨大な山に登り始め、すぐに暗くなりました。彼は一晩滞在する場所を見つけなければなりませんでした。

幸いなことに、彼は門番の家を見つけ、そこで彼はその夜泊まることができました。

それは滞在するのにいい場所だったでしょうか?決してそうではありません。

蚤虱のみしらみ 馬の尿ばりする 枕もと

この辺鄙へんぴな山家では、一晩中のみしらみに責められ、おまけに寝ている枕元に馬
の小便の音まで聞こえるという、散々な目にあったことだ。

日、このような旅に出たいと思う人はほとんどいません。

では、なぜ芭蕉は彼を待っているすべての困難を知ったうえで旅に出たのでしょうか?



Section2

蕉にとって、旅行は人生の重要な部分でした。

詩人として、彼は彼が詩的なインスピレーションを見つけるために旅に出なければならないと感じました。

困難で不便にもかかわらず、彼が経験しなければなりませんでした。彼は自然(自然のものであること)の重要性を確信していました。なぜなら、彼はこれが彼の詩的なインスピレーションのもとであると信じていたからです。

芭蕉はおそらく自然の美しさが彼の報酬であると感じました。

彼は山と野原、ビーチと海で大きな喜びに気づきました。

あらゆる新しい道、あらゆる日の出は新鮮な考えをもたらしました。

彼の作品である遠く離れた北部への旅、奥の細道で、芭蕉はインスピレーションの多くの瞬間を経験しました。

泉では、芭蕉は藤原の三世代が夢のように過ぎ去ったことを観察しました。

秀平ひでひらの宮殿は草原に過ぎませんでした。

次の俳句を読むと、芭蕉の詩的想像力がどのように働いたかについて少し理解できるかもしれません。

夏草や つはものどもが 夢の跡

高館たかだちにのぼってあたりを見渡すと、藤原氏の栄華の痕跡はあとかたもなく、ただ夏草が茂る風景が広がるばかりだ

ある午後山形で、芭蕉は立石寺りゅうしゃくじ(現在は「りっしゃくじ」と呼ぶ)を訪問しました。

古木で覆われた巨大な岩の山がありました。

それは完全な静けさでした。

芭蕉は岩から岩へ手と足を這って行くにつれて、彼は静けさに圧倒されました。

彼の精神もまた静かになりました。

そのシーンは以下の有名な俳句につながりました。

しづかさや 岩にしみ入る せみの声

夕暮れの立石寺の全山は、物音一つせず静まりかえっている。そのむなしいような静寂の中で、ただ蝉の鳴声だけが、一枚岩にしみ透るように聞こえる。

田町の海のそばで数日過ごした後、芭蕉は約500キロメートル離れた現在の金沢の加賀へ向かいました。

彼は彼の前の長い道のりを考えたとき、心が折れそうになりました。

彼が酒田から200キロ離れた新潟に着いたとき、彼は次の俳句を書きました。

荒海や 佐渡に横たふ あまがは

荒れ狂う日本海の荒波の向こうには佐渡ケ島がある。空を見上げると、白く美しい天の川が、佐渡の方までのびて横たわっていて、とても雄大だ。




Section3

蕉には永住の地がありませんでした。

彼は絶えず旅行中でした。

遠く離れた北部への旅に加えて、彼は同様に滋賀、三重、そして京都への長旅をしました。

彼はお金や財産に全く興味を持っていませんでした。

価値のあるものは何も持っておらず、彼は自分の旅を奪われることを恐れていませんでした。

行中に、芭蕉は大きな自由の感覚を経験しました。

彼は、次のように述べています。

「計画も道筋も決まっていません。好きなところならどこにでも行けます。
私の唯一の関心事は、夜間に泊まる場所と私の足に合う草履ぞうりを見つけることができるかどうかでした。」

人生の必需品だけで旅を始めることは、おそらく芭蕉の詩的な想像力にとって重要でした。

芭蕉はこの世界は本質的に過渡的であることをよく知っていました。

「山が落ち、川が方向を変え、古い道が消え、新しい道が建設され、岩が泥の中に沈み、そして木が成長し、新しい木が湧き上がる」

芭蕉は富は簡単に彼に自然の美しさを見失わせるだろうと思ったかもしれません。

それゆえ、彼は自分の本当の自己が自然との一体になることを可能にするために所有物を捨て去ることを選びました。そして、それは実際、彼の詩的な想像力の源でした。

の細道は、芭蕉が行ったある特定の旅ですが、それ以上に、それは人生そのものです。

芭蕉にとって、この世の人生は無限の情景を求める旅でした。

芭蕉は自分の情景を自然の中に見出しました。それは常に変化していますが、無限のサイクルでそれ自体を繰り返しています。

俳句の中の一瞬をとらえることで、芭蕉は彼の永遠のビジョンを見つけました。

Optional Reading『Ise Pilgrimage(お伊勢参り)』和訳

江戸時代は旅は楽ではありませんでした。
ほとんどの人は旅行の自由をまったく持っていなかったし、障壁を乗り越えるために特別なパスである通行手形を必要とした人もいました。
もちろん、いかなる公共交通機関もありませんでした、それですべての旅行は起伏の多い曲がりくねった道の上で徒歩または馬に乗っていました。
しかし、すべての困難にもかかわらず、江戸時代は旅の時代でした。

1600年代初頭、徳川家康が政権を握ったとき、全国的な高速道路網が導入され、郵便町が出現し始めました。

大名とその部下の武士は、一年おきに江戸に住むことが義務付けられていたため、故郷と江戸の間を行き来していました。
彼らはその過程で宿舎、食べ物、労働、そして馬を必要としていました、そしてそれはポストの町が繁栄するのを助けました。

普通の人々による旅行は厳しく制限されていました、しかし例外がありました。
目的が巡礼である限り、それは交通パスを取得するのが簡単であり、彼らはかなり自由に旅行することを許可されていました。

日本中のすべての有名な神社や寺院の中で、伊勢神宮ははるかに最も人気のある目的地でした。
実は、芭蕉は生涯のうちに6回神社を訪れたと言われています。

毎年およそ20万人から40万人が神社を訪れましたが、巡礼者の数は変動し、江戸時代には何度も巡礼が行われました。
例えば1705年には、300万人以上の人々が神社を訪れたと言われています。

江戸から伊勢への往復は少なくとも40日かかりました。
奈良と京都の観光を追加した人もいます。
あなたは、貧しい農家がどのようにして長い旅をしたのだろうかと疑問に思うかもしれません。
その答えは、多くの村や地域の巡礼基金協会にあります。
各会員は一定の金額を寄付し、協会はその資金を集めました。
代表者は宝くじによって選ばれ、基金は彼らの旅費をまかないました。
一度選ばれた人は通常次の宝くじから除外されたので、ほとんど全員が生涯のうちに少なくとも一度は巡礼に行く機会がありました。