クラウン 2年 和訳[331]

【クラウン2年】Lesson6・Optional Reading/Reading Faces【和訳】

このページではクラウン・コミュニケーション英語2年/レッスン6のオプショナルリーディング【Reading Faces】の和訳を載せていますが、学校で習う表現と異なる場合がありますので、参考程度に見てください。

▼Lesson6の和訳はこちら

【クラウン2年】Lesson6/Ashura ─A Statue with Three Faces─【和訳】このページではクラウン・コミュニケーション英語2年/Leeson6【Ashura ─A Statue with Three Faces─...

【Lesson6】Optional Reading/Reading Faces【和訳】

あなたは相手の感情を判断する際、顔のどこを見ているでしょうか。最近の研究によると、それは文化によって違うようです。メールで使われる顔文字にも、その文化の違いが如実にょじつに現れるようです。

京大学の原島博はらしまひろしさんは、阿修羅の顔がどのような感情を表しているのかを決めるために、一つ一つ調べたことがあります。人の感情を決めようとしているとき、最初にどこを見ますか?答えは、君が日本人かアメリカ人かにによって異なるかもしれません。

ナダのアルバータ大学の研究者は、日本の文化とアメリカの文化が多種多様な感情を伝える画像をどのように解釈するのか比較しました。それによると、顔の表情をどのように解釈するのか決める際に、文化が重要な役割を演じるかもしれないということがわかりました。

本のように感情を大っぴらに表に出さない文化では、感情を解釈するために目に焦点を置きます。米国のように感情をあからさまに表現する文化では、焦点は口に置かれます。

「感情をどのように受け取るのかを決める際に、文化はとても強い役割を演じます。顔の表情を解釈するときには、文化を考慮する必要があります」と、アルバータ大学の研究者増田貴彦さんは語りました。

うした文化的な違いは、コンピューターの顔文字でとても目立ちます。顔文字は書き手の感情をメールで伝えるために使われます。研究結果と一致しているように、幸せと悲しみを表わす日本人の顔文字は目がどのように描写されるのかということに関して異なり、一方、アメリカ人の顔文字は口の向きによって異なります。米国では : ) や : – ) といった顔文字は楽しそうな顔を象徴し、一方、 : (  または  : – (  のような顔文字は悲しい顔を象徴しています。しかし、日本人は楽しい顔を表すのに(^_^)の記号を使い、悲しい顔を表すのに(;_;)の記号を使う傾向があります。

「日本のような感情を隠す傾向のある文化が感情を決めるときに、目はとても微妙になりがちですが、人の目に焦点を当てるということは、とても面白いと考えています。明らかに表に出された感情がごく普通に見られる米国では、人の顔の中で一番表情豊かな特徴である口に焦点を当てるのは、納得できます」と増田さんは言いました。