クラウン 2年 和訳[331]

【クラウン2年】Lesson3・Optional Reading/Pufferfish in Love【和訳】

このページではクラウン・コミュニケーション英語2年/レッスン3のオプショナルリーディング【Pufferfish in Love】の和訳を載せていますが、学校で習う表現と異なる場合がありますので、参考程度に見てください。

▼Lesson3/OOPARTSの和訳はこちら

【クラウン2年】Lesson3/OOPARTS【和訳+内容が1分で分かる要約】このページではクラウン・コミュニケーション英語2年/レッスン3【OOPARTS】の和訳を載せていますが、学校で習う表現と異なる場合があり...

【Lesson3】Optional Reading/Pufferfish in Love【和訳】

中東地域でもミステリー・サークルがいくつか見つかりましたが、日本の海底においてもミステリー・サークルが発見されました。いったいだれが、なんの目的で作ったのでしょうか。

東の砂漠には大きなミステリー・サークルがあります。ここ日本では海の中に神秘的なサークルがあります。

1995年、奄美大島付近の海底で、ダイバーが砂でできた美しい模様を発見しました。すぐに他のダイバーがさらに不思議な模様を発見しました。 模様は、海面下約20メートルのところにある直径約2メートルの円です。

のような複雑なデザインを誰、または何が作ったのでしょうか?

の謎は最近解決されました。
これらのサークルは、新しく発見されたフグの種によって作られています。そのフグは小さく、数インチしかありません。彼らは海底に沿って泳いでいるときに、オスのフグはひれをバタバタ動かし砂を舞い上がらせすごい模様を作ります。彼らはサークルを作るために7〜9日間休まずに働く必要があります。

グは、なぜこれらの複雑で美しいデザインを作るのに苦労するのですか?彼らはどのような目的を果たしていますか?

スのフグがメスを引きつけるためにサークルを作っているように見えます。サークルを作り終えると、メスがそれを見渡しに来ます。メスのフグが好きなデザインを見つけたら、彼女はオスとつがい、そして最終的にサークルの中心に卵を産むでしょう。サークルの丘と谷は海流から卵を守ります。メスがサークルを見るときに何を求めているのかは誰にも分かりませんが、とても注意深く調べるようです。おそらく、彼女たちは卵を保護するデザインかどうかを確認しています。

初科学者は、サークルは大きな魚によって作られたと信じていました。そのような小さな動物がこのような大きなサークルを描くという事実は、何らかの生物学的理由を示唆しています。おそらくフグはよく見ることができません。もしかすると、オスがメスに見つけられる大きな巣を作るために個体間の距離が必要なのかもしれません。