クラウン 2年 和訳[331]

【クラウン2年】Lesson3/OOPARTS【和訳+内容が1分で分かる要約】

このページではクラウン・コミュニケーション英語2年/レッスン3【OOPARTS】の和訳を載せていますが、学校で習う表現と異なる場合がありますので、参考程度に見てください。

【CROWN2】Lesson3/OOPARTS【和訳】

The most beautiful thing we can experience is the mysterious. It is the Source of all true art and science. – Albert Einstein

私たちが体験できる最も美しいものは神秘です。 神秘はすべての真の芸術と科学の源です。ー アルバート・アインシュタイン

Take a Moment to Think
1. あなたは「場違いな遺物(不思議な人工物)」について聞いたことがありますか?
2. あなたはそれらが何だと思いますか?
3. あなたはこれまでに理解できない、または説明できないものを見たことがありますか?

『OOPARTS/オーパーツ(out-of-place artifacts)』とは?

オーパーツとは、それが発見された場所や時代とが全くそぐわず、なぜ存在するのかが謎とされている物体の総称で、日本語では「場違いな遺物、場違いな人工物」などと意訳されることもあります。

教科書の制作・販売元の三省堂が作成している年間指導計画案には「不思議な人工物」という表記がありましたので、このページでは「不思議な人工物」とします。


オーパーツ

発見物には私たちが知っていることに少しも一致しないものがある。 それらは「不思議な人工物」(オーパーツ)と呼ばれている。 それらは、古代の人々が現代の科学技術について知っていたと示しているように思われる。

1.古代エジプトの航空機(p.35)

代エジプト人は飛行の原理を理解していたのでしょうか?

「サッカラ・バード」が彼らが理解していたことを示していると信じている人々もいます。

ジプトのサッカラ・バードのは、約200年前に遡ります。

それが何のために作られたのか誰も知りません。

ひょっとするとそれはおもちゃだったのかもしれません。

サッカラ・バードは、エジプト人が航空の原則を知っていたことを示しているのでしょうか?

エジプト人はしばしば彼らの墓の中に実際の工芸物の模型を置いていたので、サッカラ・バードは実際の飛行機の模型である可能性もあります。

科学者たちはその設計に基づく模型をテストし、サッカラ・バードが飛行したかもしれないことを発見しました。

そらく、エジプト人は、サッカラ・バードより千年前に航空学の原則を理解していたと思われます。

紀元前1280年頃に建てられたセティ1世の神殿には、ヘリコプターのように見えるヒエログリフ(象形文字)があります。

古代エジプト人はどこで航空機について学ぶことができたのでしょうか?

Q&Aの和訳

(Q-1)サッカラ・バードの年代はいつに遡りますか?

(Q-2)科学者がサッカラの鳥の模型をテストしたとき、彼らは何を見つけましたか?

(Q-3)セティ1世の神殿の象徴は何を示していますか?




2.さらなる航空機(p36-37)

ッカラ・バードの数世紀後、キンバヤ文明は地球の反対側、現在の南米に存在しました。

キンバヤの人々は金の工芸品で有名です。

これらの工芸品のうちの1つは飛行機のように見えます。

の「飛行機」はおそらく昆虫か鳥の模型です。

しかし、このデザインで作られた模型がが実際に飛ぶことができたと信じる人々もいます。

1990年代に、エンジンが取り付けられたキンバヤの飛行機の模型が地面から飛び立つことができました。

ぼ同時期に、キンバヤからそれほど離れていないところに、マヤ文明が存在しました。

古代マヤ人が宇宙旅行を知っていたと考える人々もいます。

らはパカル1世が葬られている墓を指摘します。

彼(パカル1世)はマヤを615年から683年まで支配しました。

パカル1世の墓は彼が宇宙船にいるように見えます。

彼はマスクを身に着け、手にはいくつかの制御装置があり、左の足はペダルの上にあるように見えます。

外側には、ロケットエンジンのように見える小さな炎が見えます。

ンバヤの飛行機が近代の飛行機のように見えることと、パカルの墓が宇宙船のように見えることを私たちはどのように説明することが出来るでしょうか?

Q&Aの和訳

(Q-4)キンバヤの人々はどこに住んでいましたか?

(Q-5)キンバヤの飛行機の模型にエンジンが取り付けられたとき、何が起こりましたか?

(Q-6)パカルの墓の「宇宙船」の外側に何が見えますか?

3.中東の大きなサークル(p38-39)

1920年代には、ヨルダンの砂漠で奇妙なサークル(円形)がいくつか見つかりました。

最近、科学者はこれらいくつかの奇妙な人工物の写真を撮るために衛星を使用しました。

それらは現在、中東の巨大サークルと呼ばれています。

何人かの人々によると、それらはとても大きいので、高い上空から計画しない限りそれらを創ることはできないでしょう。

ヨルダンでは12、シリアでは1つ、トルコでは2つのサークルが発見されました。

れらの巨大なサークルは、石で作られた低い壁です。

いくつかは高さが1メートルですが、他のものは高さがわずか数センチです。

それらは直径が約400メートルで、ほぼ完璧な円形です。

サークルの中と周辺で見つかった物質は、それら(巨大サークル)の年代を紀元前4500年から紀元前2000年の間と突き止めます。

それらはローマ時代の間、7世紀に至るまでずっと創られていたと思われます。

れらのサークルの目的や、どのようにして作ったかを確実に誰も知りません。

なぜならそれらは低く、開口部がないので、動物を飼うために使われなかったと信じられています。

完璧同然のサークルは、もしかすると上空からでも慎重な計画が必要だったはずです。

彼らはどのようにそこに着いたのでしょうか?

Q&Aの和訳

(Q-7)巨大サークルが見つかったのは中東のどの国ですか?

(Q-8)巨大サークルの大きさはどれくらいですか?

(Q-9)なぜ巨大サークルは動物を飼うために使われていないと信じられていますか?

4.もっと謎な絵(p40-41)

東の巨大サークルだけが謎の絵ではありません。

キンバヤとマヤの文明とほぼ同じ地域、同じ時期に、ペルーの人々はナスカの地上絵を創りました。鳥や動物の絵はとても大きく、上空からはっきりと見ることができます。

巨大サークルのように、上空からの眺めの助けがなければそれらを創ることはできなかったと信じている人々もいます。

航空機や宇宙船からしか見ることができないのに、どうしてそれらをわざわざ創ったのでしょうか?

とえヒエログリフ(象形文字)がヘリコプターのように見えたり、墓が宇宙船のように見えても、それは絵を解釈する問題です。

しかし、サッカラ・バードとキンバヤの飛行機は本当に飛行することができました。

そして、巨大サークルとナスカの地上絵は実際には上空からの眺めなしでは構築が難しいようです。

これらの謎を私たちはどのように説明できますか?

代の人々は宇宙人に訪問されたと言い、あわてて結論を出す人もいます。

一方、不思議な人工物(OOPARTS)はすべて偽物だと言ういます。

たとえどんな立場にあっても、現時点では説明できない謎があることを認めなければなりません。

おそらく私たちは心を開いておくべきです。

アインシュタインが信じるように、神秘的なものは「すべての真の芸術と科学の源泉」です。

Q&Aの和訳

(Q-10)ナスカの地上絵とは何ですか?

(Q-11)人々は神秘的なことについてどのような立場を取りますか?

(Q-12)アインシュタインによれば、「すべての真の芸術と科学の源泉」は何ですか?

Lesson3の内容が1分で分かる要約

「不思議な人工物」を意味するオーパーツは、古代人が相当高度な技術を持っていたかもしれないことを示す。「サッカラ・バード」やヘリコプターのようなヒエログリフは、古代エジプト人が航空学の知識を持っていたことを示しているのかもしれない。

南米のキンバヤ文明には飛行機のような工芸品があり、その模型はエンジンを付け実際に離陸できた。マヤ文明のパカル1世の墓では、彼が宇宙船の中にいて操縦しているかのように見える。これらはどう説明できるのだろう。

1920年代に発見された中東の巨大サークルは古いものでは紀元前4500年に作られた、巨大でほぼ完璧な円形である。目的や製作方法は不明だが、上空からの慎重な計画を要しただろう。どのように上空に行ったのだろう。

ペルーのナスカの地上絵も上空から見なければ作れなかったのではないか。私たちは説明できない謎の存在を認め、心を開いておくべきなのだ。アインシュタインが言うように、神秘は「すべての真の芸術そして科学の源泉」なのだから。

Optional Reading『Pufferfish in Love』和訳

【クラウン2年】Lesson3・Optional Reading/Pufferfish in Love【和訳】このページではクラウン・コミュニケーション英語2年/レッスン3のオプショナルリーディング【Pufferfish in Love】の和訳を...