クラウン 2年 和訳[331]

【クラウン2年】Lesson1・Optional Reading/Across the Australian Outback【和訳】

このページではクラウン・コミュニケーション英語2年/Leeson1のオプショナルリーディング【Across the Australian Outback】の和訳を載せていますが、学校で習う表現と異なる場合がありますので、参考程度に見てください。

▼Lesson1/Around the World on a Bikeの和訳はこちら

【クラウン2年】Lesson1/Around the World on a Bike【和訳+内容が1分で分かる要約】高校英語の教科書CROWN2・コミュニケーション表現のLesson1「Around the World on a Bike」の和訳を載せています。予習や復習の参考にどうぞ...

【Lesson1】Optional Reading/Across the Australian Outback【和訳】

1977年、ロビン・デイヴィッドソンは、オーストラリアの砂漠をラクダとともに横断する冒険旅行に出発しました。彼女はこの度を通して、どのようなことを学んでいったのでしょうか。

田オリザが世界をツアーするずっと前に、オーストラリアのロビン・デイヴィッドソンという若い女性が彼女自身の偉大な冒険を始めました。1977年、オーストラリアの西オーストラリア州の砂漠で彼女の犬Diggityと4頭のラクダと横断し始めました。彼女の目標はインド洋で、2,700キロ以上の旅に9ヶ月かかりました。

女が25歳だった1975年、デイヴィッドソンは砂漠を横切るという彼女の夢を追うためにアリススプリングスに移りました。
彼女はラクダの仕事の仕方を学び、お金を節約するためにバーで働きました。
2年後、彼女の仕事からのお金、友人からの融資、ナショナルジオグラフィック協会からの財政的助けを得ましたが、彼女は道の途中でした。

は美しいものでした。
デイヴィッドソンは珍しい木や花を見ました。夜は星空が輝き、100万個の小さな光が空を照らしていました。彼女がアボリジニの人々に会ったとき、彼女は彼らの生き方を学び、力と誇りによって動かされました。

かし、挑戦もありました。 時々デイヴィッドソンは迷子になったり、寂しく感じたりしました。水は、彼女は彼女のラクダが運んだ水缶そして雨や井戸の水を使用しました。
デビッドソンは時々水をほとんど使い果たしました。
一度、友人は何百マイルも運転をして彼女にたくさんの水を持ってきました。

イヴィッドソンの彼女の旅についての本「Tracks」は、ベストセラーとなり世界中の若者にインスピレーションを与えました。2013年には、「Tracks」の映画が作られました。

イヴィッドソンは彼女の本でこう言いました、
「私が学んだ2つの重要なことは、あなたが自分自身に力強くたくましくなるのを許すこと、そして新しくて困難な試みにおける最も難しい部分ははじめの一歩を進むことと初めの決心を作ることです。」