クラウン 2年 和訳[331]

【クラウン2年】Lesson1/Around the World on a Bike【和訳+内容が1分で分かる要約】

このページではクラウン・コミュニケーション英語2年/Leeson1【Around the World on a Bike】の和訳を載せていますが、学校で習う表現と異なる場合がありますので、参考程度に見てください。

【CROWN2】Lesson1/Around the World on a Bike【和訳】

I shall set forth for somewhere, I shall make the reckless choice. -Robert Frost

私はどこかで述べるつもりだ、私は無謀な選択をするだろう。ーロバート・フロスト

Take a Moment to Think
1. あなたは世界ツアーに行きたいですか?
2. あなたは旅行のために学校を休学したいですか?
3. 自転車で世界ツアーに参加しようとしている友達にあなたは何と言いますか?


自転車で世界中を回る

平田オリザは、日本で最も有名な劇作家の一人です。彼はちょうど16歳のときに、16ヶ月間自転車で世界中を旅行しました。旅行の直後、18歳のときに彼はそれについての本を書きました。

Section1

は子供の頃でもいつも自転車や旅行を愛してきました。

私は13歳のときに、自転車で世界中を回る計画を立てました。

私は世界ツアーに行くつもりだと人々に話しましたが、私の話を真剣に受け止める人は誰もいませんでした。

彼らは、「ばかばかしい夢は忘れなさい、現実的に物事を考えなさい」と言ったものです。

しかし、それは私を止めませんでした。

私が成功すれば、大丈夫です。

もしそうでないなら、私は失敗で生きることを学ぶでしょう。

私のモットーは、「柔軟性と楽観主義」です。

は真剣に計画を始めました。

私は夜の高校に行くことに決めたので、日中の間に旅行のお金を稼ぐことができました。

私はラーメン屋、パン屋、そして新聞配達員として働きました。

幸いにも、私の両親は私を支えてくれました。

彼らは自立した私の願いを尊重しました。

は高校から2年間の休暇を取りました。(2年間休学しました。)

私は新しい自転車を購入し、パスポートを手に入れ、そしてロサンゼルスへの航空券を手に入れました。

1979年5月5日、私は出発して行く途中でした。

Qの和訳

①平田オリザは13歳のときに何を計画しましたか?
②平田さんは夜間学校に行くことをなぜ決意しましたか?
③平田さんはいつ旅行を始めましたか?



Section2

5月7日、私はロサンゼルス空港から自転車ツアーを始めました。

私が信号機で止まったとき、誰かが「やぁ!君はどこへ向かっているの?」と呼びかけているのを聞きました。

それは自転車に乗った若い男性でした。

私は言いました、「ニューヨーク(へ向かっています)!」

少し不思議そうな顔をして彼は言いました、「どこへ行くって言いましたか?」

「ニューヨークです」

「ニューヨーク!」彼は繰り返しました。

は彼の英語をほとんど理解することができませんでしたが、私が知ることができたのは、彼の名前はデニスであり、彼は私を彼の家に招待していたことでした。

一瞬の迷いの後、私は受け入れました。

ニスは友人とたまたま日本語を話せる友人の妻と家を共有していました。

私は彼らと夕食を一緒に食べました。フライドチキンとフライドポテトとデザートにアイスクリームを。

デニスは私が読むべきものを取り出しました。それは自転車旅行者の支援をしてくれる人々のリストでした。

デニスはそのどの家でも私が無料で食事をして宿泊することができると説明しました。

の電話帳(名簿)はとても便利でした。

アメリカ全土をサイクリングしながら、私はそれをフルに利用し、20の家を訪れ、多くの友好的な人々に出会いました。

デニスに出会い、旅行の最初の日にこの素晴らしい贈り物を受け取ったことは、人生の不思議に驚かされた。

人生の大部分は運とチャンス次第です。

Qの和訳

④平田さんはどこでデニスに出会いましたか?
⑤平田さんはどれだけデニスの英語を理解しましたか?
⑥デニスは平田さんに何の読み物を渡しましたか?

Section3

転車の旅行中、良い日も悪い日もありました。

しょっちゅうタイヤがパンクしました、18回も!

そして時には天気が問題でした。

人々がいつも協力的とは限りません。

とんどの日私はテントで眠りました。

スペインでは来る日も来る日も雨でした。

ある朝、私はすべてが濡れて目を覚ましたとき、私の寝袋さえも濡れていました。

私はホテルに移動しなければなりませんでした。

ギリスのケンブリッジで、私が日記をつけていたときに、誰かが私のテントに向かって石を投げ始めました。

私は子供たちがアジア人をからかうような歌を歌っているのを聞きました。

それは人種差別、それとも単なる冗談だったのでしょうか?

私はイングランドに良い友人がいることを自分自身に思い出させ、怒らないことに決めました。

しかし、私にとって暗い夜でした。

ランスで私はパスポートを失くしました。

幸いにも、親切な人が警察にそれ(パスポート)を届け出てくれました。

私は数日後にパスポートを取り戻しました。

道中で、私はしばしば見知らぬ人の優しさに感銘を受けました。

タリアのミランで私の持ち物はすべて盗まれました。

私はとても悲しくて旅行をやめようとさえ思いました。

私は経験した優しさのすべての行為を思い出して、続けることを決めました。

は26カ国を訪問し、約20,000kmを走りました。

1980年9月17日、私は無事家に帰りました。

Qの和訳

⑦平田さんは何回タイヤがパンクしましたか?
⑧平田さんはフランスでパスポートを失くした後、何が起こりましたか?
⑨平田さんはイタリアでなぜ旅行をやめようと思いましたか?




Section4

本に戻って、人々は私に同じ質問をしたことを覚えています。「あなたは旅行から何を学びましたか?」

私は気がつくといつも答えるのに苦労していました。

私がたくさんの国を訪問したことは事実です、そしてこの経験は私の人生の残りの部分で役に立つと分かりました。

私は独力で生活をしながら、たくさんの友達も作りました。

は人々が一般論を聞きたがっていることを知っています。

しかし、私はどうしてもこのようなことを言うことができませんでした。

「人生は難しいので、お互いに生きることを学ばなければならない」あるいは、「人にとって最も重要なことは自由です。私は自由に人生を送る準備ができています。」

代わりに、「大したことはありません。私はわたしの経験が将来役に立つことがわかるかもしれません。私は知りません。」と私はわずかにほほ笑み、困惑したでしょう。

は今18歳です。

この時点で、私はまだ私が旅行から学んだことを決定的に答えられません。

私の目の前には長い道のりがあり、そこからさらに多くの曲がりくねった道に分岐しています。

将来、私が振り返ったときに、私は旅行から学んだことを言うことができるようになることを願っています。

私が今言うことができるのは、家に帰った少年が、16ヶ月前に日本を離れる人とは別の男の子だったということです。

Qの和訳

⑩日本に帰った平田さんに人々は何を質問しましたか?
⑪平田さんはいつ旅行から学んだことを言うことができるようになることを願っていますか?
⑫彼の旅について平田さんは今何を言うことができますか?



Lesson1の内容が1分で分かる要約

脚本家の平田オリザは13歳のときに自転車で世界旅行をする計画を立てた。旅行資金を作るため定時制高校に通い、色々な仕事をした。周囲からはばかばかしいと言われたが、両親の応援を受け、16歳のときにロサンゼルスへ向かった。

平田オリザはロサンゼルスに到着したその日にデニスと知り合ったおかげで、アメリカ横断の際、自転車旅行者の支援者の家々を訪ね、優しい人々に出会った。平田オリザは人生とは不思議なもので、大部分が運と偶然に左右されると思った。

旅行の間、問題は起きたが、見知らぬ人たちの親切さに感動することが多く、それを思い出して旅行をやめようという気持ちを押しとどめることができた。そして26カ国、2万キロを自転車で走り、無事帰国した。

帰国後、色々な人から「旅行から何を得ましたか?」と問われたが、ありきたりな答えを言う気になれなかった。18歳の平田オリザは将来その問いに答えられることを望みながら、16ヶ月間で自分が変わったことは確信していた。

Optional Reading 「Across the Australian Outback」

【クラウン2年】Lesson1・Optional Reading/Across the Australian Outback【和訳】