現在、サイトをリニューアルしています。

【クラウン1年】Reading1/Homework【和訳】

このページではクラウン・コミュニケーション英語1年/Reading1【Homework】の和訳を載せていますが、学校で習う表現と異なる場合がありますので、参考程度に見てください。

※この単元ではfather saidのような部分は和訳していません。

p76

宿題はしたの?

うわっ、ママ!

犬と遊ぶのをやめて、その寝室で宿題をしなさい!

ジェイソンは、ココアが噛んで引っ張り合いっこをしていた靴下から手を放し、犬は黙ってそこに立っていました。
彼女(ココア)は、ご主人様(ジェイソン)がゲームの続きをしてくれるのを待っていました。

子どもは楽しんじゃいけないの?

今日はもう充分楽しんだでしょう。さあ、宿題の時間よ。

p77

お母さんの言うことを聞きなさい。宿題はとても重要だよ。

ああ、そうだね、くだらない宿題をしなかったら、まるでぼくの人生が終わりになるみたいだね。

おい、口のききかたに気をつけなさい!

父親は夕刊を読んでいましたが、いまや息子をじっと見つめていました。

私たちは、今年はおまえをずっと甘やかしていて、成績は落ちているじゃないか。だが、それも終わりだ。いまこの時点から、宿題は食後にやってもらう。同じことをもう一度言わせるなよ。

ジェイソンはカーペット敷きの柔らかい床をこぶしで殴って立ち上がりました。自分の反抗はよくわかっていましたが、どうしてもはっきり言っておきたかったのです。

何が問題か、ぼくにはわからないよ。

問題は、私たちがお前の未来があることを願っている、ということだよ。

いまどきの子どもたちがどうしたのか私にはわからないの。あなたたちの毎日はあまりにもお気楽よ。。

ああ、わかったよ、まるで自分たちが子どものときは、はるかに大変だったみたいだね。

ジェイソンの応答は自分自身でも驚きでした。

そうだ、お前の言う通りだ。

彼はソファから立ち上がりました。

私たちは、おまえたち子どもが持っているような贅沢ぜいたく品なんてなかった。それに、おまえたち子どもがするように、親に口答えすることもなかったよ。

いまの時代、子どもでいるのはもっとしんどいんだ。父さんたちにはぼくたちが抱えている問題なんかなかったじゃないか。ぼくたちはいまはるかに大きなプレッシャーがあるんだ。

わかった。もうたくさんだ!自分の部屋に戻って宿題をしなさい!今晩は部屋から出ることは許さない。

p78

ジェイソンは居間から飛び出ると、彼の寝室に向かいました。ココアが彼のあとをついていきました。彼女はしっぽを振っていました。

母親と父親は黙って顔を見合わせました。息子のなまけ癖はどんどん問題化し、それにどう対応するか彼らは頭を抱えていました。

父親はリビングの天井スクリーン上に表示されている夕刊に視線を戻しました。彼は、平らなベッド型の無重力ソファの上2フィートの位置に、快適に浮遊していました。腕は頭の後ろに組まれていました。

スポーツ欄へ

スポーツ欄の 1 ページ目が天井スクリーンに現れました。

p79

母親は、形状可変型ロッキングチェアに身を預けていました。家のコンピューターに手を伸ばし、赤いボタンにタッチし、「『オセロ』をお願い」と命じました。色鮮やかで実物そのままのホログラムの俳優が突然リビングに現れ、シェークスピア劇を演じはじめました。

言いすぎてなければいいんだけれど。そうでしょう? 子どもに言いすぎるのもよくないわ。

と彼女は指摘しました。

あの子は人生がお気楽じゃないと学習しないと。この時代、なにか差し出してくれる人なんかいないんだから。そのためには努力しなくちゃ。

と父親は答えました。彼は手を伸ばして、ロボットが彼に差し出してくれるスナックを手に取りました。

私たち、正しいことをしているといいんだけど。

p80

あの子はなんでも当たり前だと思っている。私たちでいますぐそれを止めさせなくちゃならん。

と、父親は怒って言いました。

そうね。

と母親は穏やかな声で答えました。彼女のまぶたはすでに閉じられていました。彼女は眠りに落ちはじめていました。

* * *

ジェイソンは自分の部屋で怒っていました。その夜の宿題をする前に、壁に向かって腹立たしげに枕を投げつけました。

彼らはわかっていないよ、ココア。いまどきの状況は、もっと厳しいんだ。子どもだってことがどういうことか、まるっきり理解してないよ。

けれども彼の問題に答えはなかったので、彼は勉強をはじめました。プレーヤーに宿題ディスクを入れ、長いコードをつかみ、頭の後ろのソケットにそれを差しました。みな同様、彼も生まれたときに脳のソケットが埋め込まれていたのです。

ジェイソンは宿題を脳にダウンロードするのがいつもいとわしかった。それは一日で最長の2分間だと彼は断言しました。

厭わしい

不愉快で、いやである。わずらわしい。

関連記事