旧CROWN 1年 和訳[306]

【クラウン1年】Lesson9・Optional Reading/Are Robots Going to Take Our Jobs?【和訳】

このページではクラウン・コミュニケーション英語1年/Leeson9のオプショナルリーディング【Are Robots Going to Take Our Jobs?】の和訳を載せていますが、学校で習う表現と異なる場合がありますので、参考程度に見てください。

▼Lesson9の和訳はこちら

【クラウン1年】Lesson9/Crossing the “Uncanny Valley”【和訳】このページではクラウン・コミュニケーション英語1年/Leeson9【Crossing the “Uncanny Valley”】の和訳を...

【Lesson9】Optional Reading/Are Robots Going to Take Our Jobs?【和訳】

ロボットの進化は目覚ましいものがあります。このまま進化を続けていけば、いつか私たちの仕事はロボットに奪われてしまうのでしょうか。それほど遠くない未来、人間はどんな仕事をしているでしょう。

場やコンビニ、寿司屋ですら、かつては人間がしていた仕事をロボットがしている。ロボットによって私たちは職を失うのだろうか?おそらくそうはならないだろうとMITの学者であるデビッド・オーターはいう。

ボットができることには限りがあるとオーターは主張する。コンピュータは高度な知的労働をいとも簡単に行うが、人間がほぼ機会的にやっている低レベルな作業を単に行うことはロボットにとって難しい。
オーターは言う。「知能テストやチェッカーで遊ぶことでは大人レベルの性能をコンピュータに示させることは比較的容易だが、認識や機動性に至っては1歳児の能力を与えることも難しいか不可能である。」

として椅子の画像を認識させるようコンピュータに学習させる問題を取り上げよう。コンピュータが学ばなければならない形や大きさはほぼ無限の数がある。トイレも三角コーンもコンピュータには椅子に見えるかもしれない。しかし、三角コーンが座るのに快適なだろうとは子供ですら認識しないだろう。子供は直感的に昨日の概念を理解するのだ。コンピュータが形を特定するよう学ぶこと容易だが、機能を理解するように教えるのは非常に難しい。
要するにコンピュータには純粋に「常識」がないのだ。

程の詳細を全て完璧に理解していなくても、私たち人間は靴紐を結んだり、昆虫の種類を特定するなどの複雑な作業を行うことができる。
コンピュータがこれらの能力開発をすることは決してできないだろう。
最も賢いコンピュータですら持ち得ない常識を埋め合わせるために、コンピュータと共に働く機会が人間にも常にあり続けるだろう。

れは将来、私たちの仕事に対してどういう意味があるのだろうか。
コンピュータは、現在は人間がやっている単調作業をより得意になるだろうが、人とのやりとりや柔軟さ、問題解決が求められる仕事では私たち人間もまだ必要であるだろう。