クラウン 1年 和訳[333]

【クラウン1年】Lesson7・Optional Reading/You Built Your House with What ?【和訳】

このページではクラウン・コミュニケーション英語1年/Leeson7のオプショナルリーディング【You Built Your House with What ?】の和訳を載せていますが、学校で習う表現と異なる場合がありますので、参考程度に見てください。

▼Lesson7の和訳はこちら

【クラウン1年】Lesson7/Paper Architect【和訳】このページではクラウン・コミュニケーション英語1年/Leeson7【Paper Architect】の和訳を載せていますが、学校で習う表...

【Lesson7】Optional Reading/You Built Your House with What ?【和訳】

坂茂ばんしげるさんは紙管で建物を建てましたが、世界には驚くような建材で家を建てた人たちがいます。こうした建材で、快適な家を建てることはできるのでしょうか。

築家の坂茂は建物を立てるために紙の筒を使う。それは風変わりなアイデアに聞こえるが、紙で建築するのは彼が最初ではなかった。1922年エリス・ステンマンという名のアメリカ人は新聞紙を用いて家全てを作り上げたのだ。家は木製のフレームだが、他は全て新聞紙だ。紙は丸められ、強化するために塗装された。

は最高の断熱材だった夏は涼しく冬は涼しかった。ステンマンの新聞紙での建築の目的は私たちが捨てている材料のどれほど有用かを人々に見せしめるためだ。

聞紙だけが私たちの捨てる有用な物というわけではない。ビールビンはどうだろうか?タイにあるワット・パー・マハ・チェディ・ケオ神社の僧侶は使い終わったビール瓶でさえ有用になりうるということを人々に見せたかった。
彼らは何百万ものビールのガラス瓶を用いて自分たちの神社を立てた。ガラスは建物全体を作るには強度が足りないため、重さを支えるためにコンクリートを使った。
しかし、コンクリートを見ることはできない。見えるものはすべてビール瓶だ。

色のビンもあれば、茶色のビンもある。この色合いが壁面に綺麗な模様を作り上げる。神社内の他の装飾は使い終わったビール瓶のフタでできている。

して古いタイヤはどうだろうか?何百万者タイヤが毎年捨てられている。これらは非常に良い建築材料なのだ。タイヤは丈夫で大量にある。壁面を作るのにレンガのように積み上げられる。
ゴムは非常に良い断熱材だ。ゴムの家は温めたり冷やしたりするコストが低い。

イの神社のビール瓶のように、タイヤも補強の必要がある。砂でタイヤに満たす人もいる。タイヤは可燃であるため、もしタイヤ家での火事を心配するなら、タイヤをコンクリートで囲い塗装することができる。