クラウン 1年 和訳[333]

【クラウン1年】Lesson3・Optional Reading/Small Boat, Big Ocean【和訳】

このページではクラウン・コミュニケーション英語1年/Leeson3のオプショナルリーディング【Small Boat, Big Ocean】の和訳を載せていますが、学校で習う表現と異なる場合がありますので、参考程度に見てください。

▼Lesson3/A Canoe Is an Islandの和訳はこちら

【クラウン1年】Lesson3/A Canoe Is an Island【和訳】このページではクラウン・コミュニケーション英語1年/Leeson3【A Canoe Is an Island】の和訳を載せていますが、学...

【Lesson3】Optional Reading/Small Boat, Big Ocean【和訳】

太平洋のまん中にあるハワイ諸島。大海原を海図もコンパスも持たず、ハワイの祖先はいったいどこから、どのようにしてやって来たのでしょう。

平洋諸島の住人は、長い距離を航行する長い歴史を持っています。

千年前、今日のハワイの人々の祖先はシンプルなカヌーで太平洋を渡って旅しました。 これは本当に大きな海で、アメリカの約2倍の大きさです。 東のイースター島から南西のニュージーランド、北のハワイまで伸びています。 これらの古来の船員は何千マイルもの旅をカヌーでしました。 彼らは、種から家畜まで、新しい土地に必要なものすべてを持っていました。

の船員は地図やコンパスを持っていませんでした。 彼らは自分の道を見つけるために星、風、波、そして太陽を使わなければなりませんでした。航海ルートは歌に記憶または録され続けていました。航海者は夕方に航海をします。
彼らは彼らの後ろに目立つ目印となるものに合わせてきちんとカヌーを並べ、日没のように星の軌道をたどりました。

海士は地平線上の星に向かってカヌーを操縦しました。
その星が空で高すぎたり、地平線の下に置かれたりすると、別の星が選ばれます。午前中、航海者は日の出に対してカヌーの位置を確認しました。
太陽が空高く上がるにつれ、彼らは夜に太陽が沈む方を見ていました。

が曇ったときは、航海者は海の波によってコースを捉えました。
彼らはカヌーをこれらの波と同じ角度に保ちました。カヌーの動きの突然の変化はコースを変更したことを示しました。
航海者によっては、マストに繋がれたペ三角旗をガイドとして、風向きのあるカヌーを並べます。

れらの古来の航海方法は、20世紀にはほとんど失われていました。
しかし、マウ・ピアイルックの助けを借りて、ナイノア・トンプソンのような航海者が、将来のためにそれらを守るように働いています。