クラウン 1年 和訳[333]

【クラウン1年】Lesson1・Optional Reading/PictOLYMPIgrams【和訳】

このページではクラウン・コミュニケーション英語1年/Leeson1のオプショナルリーディング【PictOLYMPIgrams】の和訳を載せていますが、学校で習う表現と異なる場合がありますので、参考程度に見てください。

▼Lesson1/When Words Won’t Workの和訳はこちら

【クラウン1年】Lesson1/When Words Won’t Work【和訳+内容が1分で分かる要約】このページではクラウン・コミュニケーション英語1年/Leeson1【When Words Won’t Work】の和訳を載せていますが、...

【Lesson1】Optional Reading/PictOLYMPIgrams【和訳】

ピクトグラムの始まりはずいぶん古い時代にまでさかのぼるようです。そのピクトグラムがオリンピックで使われるようになったのは、日本のデザイナーたちの功績があってこそ、と言ったら言いすぎでしょうか。

クトグラムは私たちの日常生活の一部です。私たちはどこでもそれらを見て、それらからあらゆる有用な情報を取得します。でも、誰がピクトグラムを作ったのでしょうか?ピクトグラムは私たちとどれくらいの時間を過ごしたのでしょうか?

初のピクトグラム(絵文字)は約18000年前に石や洞窟の壁に作られました。それらはイベントやその他の情報を記録するために使用されました。絵文字は後に古代エジプトのヒエログリフや漢字のような書記法に発展しました。

代では、私たちの世界がますますグローバルになるにつれて絵文字が重要視されています。 それらは世界の異なる地域の人々が集まる場所で特に便利です。オリンピックの競技を例にとります。ピクトグラムは人々が容易に理解できるので役に立ちます。

リンピックのピクトグラムは全く新しいものです。 初めて実際に使われたオリンピックのピクトグラムは、1964年、東京の競技のために勝見勝とデザイナーのチームによって作られました。彼らはヨーロッパだけでなく、伝統的な日本のデザインである家紋や家族の紋章からもアイデアを借りました。

京オリンピックの競技では、レストランやトイレのような施設だけでなくスポーツイベントを示すためにピクトグラムが広く使われていました。いくつかのピクトグラムは現在、世界中で使用されています。勝見と彼のチームは、国際的共通財産になるようにこれらのデザインに権利を与えました。

京オリンピック以来、開催国はさまざまなピクトグラムのセットを作成しています。1968年のメキシコオリンピックでは、伝統的なメキシコの芸術の色を使用しました。オーストラリアでは、ピクトグラムにブーメランを使用していました。中国ではピクトグラムは漢字のように見えました。2012年のロンドンオリンピックでは、ピクトグラムは実際の写真に似ていました。オリンピックのピクトグラムは変わるかもしれませんが、東京オリンピックのピクトグラムはオリンピックピクトグラムの基準を定めました。